【ドラゴンゲート】MaxiMuMを裏切りR・E・Ⅾ 加入の石田凱士とジェイソン・リーのブレイブゲート戦が12.15福岡で決定!

4日、ドラゴンゲートが後楽園ホール大会『FANTASTIC GATE 2019-開幕戦-』を開催した。

第8試合でEita vs ウルティモ・ドラゴンがスペシャル・シングルマッチで対戦。

この試合はEitaはセコンドを付けることを不可とされ、ウルティモ・ドラゴンは敗れた場合にドラゴンゲートより追放となる特別ルールにて行われたが、マスク剝ぎの反則でEitaが敗れるも、納得のいかないEitaはドラゴン校長に再戦を要求。

するとR・E・D の謎の緑覆面と赤覆面を加えた3人と助けに入った土井成樹と吉野正人、ドラゴン校長との緊急決定試合が行われた。

試合は緑覆面の凶器攻撃に吉野が敗れると、ついに緑覆面が素顔を公開。

正体はなんとMaxiMuMの石田凱士であった。石田の裏切りに怒り心頭のジェイソン・リーは襲い掛かるもR・E・Dメンバーに引き離される。

すかさず石田は「オマエがやるって言うんやったら、オレはいつでもオマエとやったる」と宣言。

大会終了後に団体より正式に12.15福岡大会でのオープン・ザ・ブレイブゲート選手権での対戦が発表された。

THE FINAL GATE 2019
日時12月15日(日)開始17:00
会場:福岡国際センター

オープン・ザ・ブレイブゲート選手権
《王者》
石田凱士
vs
《挑戦者》
ジェイソン・リー

ドラゴンゲート×BOAT RACE
キャンペーン公式サイト
https://dg-br.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事