【ドラゴンゲート】マンガでわかる 12.15 福岡国際センター大会 “THE FINAL GATE 2019”

こんにちは、プ女子漫画家はしもとあやねです!ドラゴンゲート年間最後のビッグマッチ、THE FINAL GATEを観戦しに福岡に来ました 福岡国際センターに来たのは3年ぶりです 3年前に私はドラゴンゲートのビッグマッチを初めて生で観戦 メインイベントはYAMATOvs土井成樹のドリームゲート戦でした そこでの土井選手の戦いを見た時から、私の中で土井選手は「推し」から「憧れ」の存在になりました 感化されて仕事も辞めて今の職に転身 私も夢の扉開いて、いままでと違う景色が見たくなったんです (めちゃくちゃ感化) そんな土井選手が3年前と同じ場所でまたドリームゲートに挑戦 「これは勝つ。観に行くしかない。」まあ自分語りはこのくらいにして!年内最後の観戦になりそうだし、今日は目一杯楽しんでいこうと思います〜!

【特別試合 丸藤vs市川】 ドラゴンゲートに丸藤正道初参戦!!対戦相手はハリウッドストーカー市川選手! 市川『お前今日のこの試合にお前の髪の毛かけれる勇気あるか?完全決着ルールってそういうもんだろ。勇気あるのかよ?』丸藤『なんでここにきてオレが髪の毛をかけなきゃいけないんだ』市川『あと俺は弱い。だからちょっとフェアにするために俺がフォールに行った時は2カウントで俺の勝ち。場外カウントは5カウント。俺は通常の20カウントだからな。』丸藤『お前、それがドラゴンゲートのやり方か』こうして急遽マスカラコントラカベジェラが開始 2カウントルールに四苦八苦する丸藤選手 市川選手とロープ渡りをする丸藤選手・・・ドラゲー でしか見られないなぁ 試合は8分11秒虎王で丸藤選手が勝利 市川選手のマスク剥がおこなわれ、素性があかされてしまいました

★オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合《王者》石田凱士vs《挑戦者》ジェイソン・リー MaxiMuMを裏切りR・E・Dに加入した王者石田凱士選手 それに対し怒りをあらわにしたジェイソンリー選手 の遺恨うずまくタイトルマッチ なんと赤腹面がパウダー攻撃で妨害!その隙をついてタイガースープレックスで3カウント 王座防衛となりました 「結局赤腹面の正体は不明…!何者〜〜〜〜?!」

【第7試合】★オープン・ザ・トライアングルゲート選手権6人タッグ3WAYマッチ《王者組》ストロングマシーン・Jストロングマシーン・Fストロングマシーン・Gvs《挑戦者組》Kzy横須賀ススム堀口元気vs《挑戦者組》吉田隆司ディアマンテH・Y・O デビューから未だ無敗のストロングマシーン・J選手率いるマシン軍団 無敗のチャンピオンチームに挑戦を表明したのはNATURAL VIBESとR・E・D 3WAYマッチとなりました NVが敗退し、残るはR・E・Dとマシン軍団 魔神風車固めを狙うJ選手になんと吉田選手が毒霧 レフェリーのブラインドをつきさらにチェーンで攻撃からのファイヤーサンダー! ディアマンテ選手がG選手にヴェルタフィナーレを決め3カウント R・E・D組がストロングマシーン軍団の連勝を止め、新チャンピオンとなりました「こういう形で連勝がストップするとは…」

★オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合《王者組》EitaビッグR清水vs《挑戦者組》YAMATOB×Bハルク 昨年の12月、怪我により王座返上となったYAMATO・B×Bハルク組 そのベルトをまたその腰に戻すために現王者Eita・清水組に挑戦します 終盤、go 2 Hospital Ⅱが中川レフェリーに直撃してダウン この隙にR・E・Dメンバー全員が介入しYAMATO選手連続串刺しにあってしまいます3回連続のパワーンボムからのスターマインで満身創痍に思われましたが…なんと走り込んできた清水選手に全知全能のフランケンシュタイナー!!!そして3カウント!新チャンピオンが誕生しました!

【第9試合】★オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合《王者》Ben-Kvs《挑戦者》土井成樹 試合序盤からエプロン側の攻防やBen-K選手が連続フォールでスタミナを奪ったりと激しい攻防が続く

客A「うわBen-K、あそこでスピアーするぞ!」 客B「これ避けたらさすがに危ないからさすがに受け止めるだろうな…。土井ちゃん序盤から超危ないじゃん」 (確かに…これ食らったらやばいな…)土井(ひらり) Ben-k(鉄柱ダイブ) >>避けた〜〜〜〜!!!!<<しかしその後、ダメージを受け場外にエスケープしたところをBen-K選手は追いかけるそして場外でのスピアーを食らってしまう そこにかけつけて声援を送るセコンドのキッド選手とジェイソン選手「あっ」

Ben-Kはとてつもない強敵だけど……勝てる…!勝てる!!!! 試合開始20分経過 Ben-Kボムにジャーマンと仕留めにかかる王者Ben-K スピアーでとどめを刺そうとするが、バカタレで迎撃

そこから怒涛の技メドレー 熨斗紙→DOI555→バカタレ・スライディングキック!カウント2膝を立ててのDOI555式 「勝つ…!!!!勝つ!!!!」そして…マスキュラーボム!「勝っ……た…?」

試合後、ベルトを受け取る際に涙を流した時ももちろん印象的でしたが激闘だったのにも関わらず試合直後の土井選手の顔は笑顔涙を流した後のファンに向けてのマイクはいつもの「土井ちゃん」でした。土井成樹「今日まで自分のことを見捨てずに見放さずに応援していただいたファンの皆さん…本当にありがとうございました!」土井「ま、こういう真面目なマイクはキャラに合ってないと思うんで、これくらいにしといて…俺がベルトを取ったんや!俺がドラゴンゲートの先頭を走るぞ。俺がドリームゲートのタイトルを取ったことによってドラゴンゲートがおもしろくなくなった、つまらなくなってもうた、そういうクレームは俺に全部もってこい。俺が受け付けたる。俺が責任を持ってこのリングをもっと熱くしたるわ。」

土井成樹「新世代も勢いあって伸びてるヤツもいてるけど、俺達古い人間でもまだまだ新しいものを作れるんや。その新しい景色、風景をもっと見たいんちゃうか??OK!見せたる!俺に任せとけ!」わたしは、「涙」より「笑顔」がとても印象的でした

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事