【大日本】12.18(水)25周年メモリアル『SUPER STAR WARRIORS』<全試合結果>アブドーラ・小林が新鉄檻ダイブで木髙イサミからデスマッチへビー奪取!関本大介&佐藤耕平がタッグ新王者!青木優也がジュニア防衛で阿部史典を指名!

大日本プロレスは18日、神奈川・横浜文化体育館で25周年メモリアル「SUPER STAR WARRIORS」を開催した。

新鉄檻が登場したメインのデスマッチベビーはアブドーラ・小林が鉄檻上からのダイビング・バカチンガーエルボードロップで木髙イサミからベルトを奪取。「ドームは棚橋、文体は小林」を観客と共に叫んだ。

【大会名】大日本プロレス25周年メモリアル「SUPER STAR WARRIORS」
【日時】12月18日(水)17:45開場18:30開始
【観衆】1,081人

メインイベント 岡本産業株式会社Presents
BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合 新・鉄檻デスマッチ 30分1本勝負
【第38代王者】木髙イサミ● vs 【挑戦者】アブドーラ・小林〇
15分23秒 鉄檻上からのダイビング・バカチンガーエルボードロップ→片エビ固め
※5度目の防衛に失敗
※小林が第39代王者となる


セミファイナル 第49代・BJW認定タッグ王座決定戦 30分1本勝負
関本大介〇 佐藤耕平 vs 河上隆一● 菊田一美
18分50秒 二段階式ジャーマンスープレックスホールド
※関本組組が第49代新王者となる


ボディガーの負傷で第49代・BJW認定タッグ王座決定戦となった試合は関本大介&佐藤耕平が飛艶の河上隆一&菊田一美をパイルドライバーからのジャーマンの連携で下し新王者となった。



ストロングヘビー前哨戦で橋本大地から直接フォールで勝利した岡林裕二はタッグリーグを制覇した相棒の入江茂弘と共に次期挑戦に名乗り出た。

第6試合 1/2後楽園~世界ストロングヘビー級王座前哨戦~8人タッグマッチ 30分1本勝負
橋本大地● 神谷英慶 野村卓矢 阿部史典 vs 岡林裕二〇 入江茂弘 T-Hawk エル・リンダマン
12分48秒 パワーボム→エビ固め





第5試合 BJW認定ジュニアヘビー級選手権試合 30分1本勝負
【第4代王者】青木優也〇 vs 【挑戦者】橋本和樹●
13分44秒 タイガースープレックスホールド
※2度目の防衛に成功





ジュニアタイトルマッチは青木優也が橋本和樹とのバチバチの闘いを制して防衛に成功。やりたい相手として阿部史典を指名すると、阿部はこれを承諾。



第4試合 DEATHMATCH STAR WARRIORS~4ボード+α6人タッグデスマッチ 30分1本勝負
伊東竜二 竹田誠志 塚本拓海〇 vs 高橋匡哉 佐久田俊行 石川勇希●
11分21秒 窒息ずどん→片エビ固め



第3試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
浜 亮太 中之上靖文〇 森廣祐基 vs 加藤拓歩 兵頭 彰 佐藤孝亮●
8分30秒 ダイビング・エルボードロップ→片エビ固め




第2試合 チェーンデスマッチ 20分1本勝負
鈴木秀樹〇 vs オルカ宇藤●
5分47秒 首絞め



デスマッチのケジメを付ける為のオルカ宇藤と鈴木秀樹の試合は終始、鈴木が攻め続けるとチェーンを巻き付けた首絞めに宇藤がギブアップ。試合後にはデスマッチからの卒業、ストロングも第0や第1試合から出直すと不甲斐なさに悔しさをにじませていた。



オープニング6人タッグマッチ 15分1本勝負
吉野達彦 関札皓太● 竹田光珠 vs ツトムオースギ〇 バナナ千賀 忍
6分56秒 展覧会の絵→エビ固め



第0試合 タッグマッチ 15分1本勝負
宮本裕向 星野勘九郎● vs バラモンシュウ バラモンケイ〇
6分57秒 五体不満足→エビ固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事