【新日本】<ライガー引退セレモニー>さらば獣神サンダー・ライガー!超満員の観衆と共に最後は『怒りの獣神』を大合唱!!

6日、東京・大田区総合体育館にて31年間のレスラー生活に別れを告げるべく、獣神サンダー・ライガーが引退セレモニーを行った。

セレモニーでは新日本プロレス本隊の選手たちが登場し、棚橋がライガーに花束を贈呈。次にCHAOSメンバーが入場し、オカダがライガーに花束を贈る。

その後、菅林直樹会長、ハロルド・ジョージ・メイ社長兼CEOがライガーに花束を贈呈。

そして千景夫人とご子息の貴光さんもリングへ上がり、花束を贈って互いに長年の労をねぎらった。

そしてサプライズとしてアントニオ猪木氏がビデオメッセージ「31年よく頑張りましたね(中略)次の世代に夢を贈れるように頑張ってもらいたいと思います」

恒例の1.2.3ダーで締めた後、ライガーも一礼。

そしてライガーが引退メッセージ。

ライガー「平成元年に東京ドームで獣神サンダー・ライガーはデビューいたしました。そして、昨夜、同じく東京ドームで最後の試合させていただきました。対戦相手のヒロム選手にも粉々に砕かれましたが、これでなんの悔いもなく引退できると確信いたしました。31年間ファンの皆様ご声援本当にありがとうございました。プロレスラー獣神サンダー・ライガーは今日で終わりますが、新日本プロレスは、ますます大きくなり続けて行くと思いますので、変わらぬご声援を皆さんにお願いいたしまして、挨拶とかえさせていただきます。それから最後に個人的なコメントさせていただきたいと思います。今日、会場に広島から母親がこの会場に来てくれています。お母ちゃん、頑丈な体に産んでくれて、本当にありがとう。感謝してます。ありがとう。それから、チィちゃん、貴光、いままでさみしい思いをさせたぶん、父親らしいことをこれからして行きたいと思いますので、よろしくお願いいたします。本当に皆様31年間ありがとうございました!!」

そして引退の10カウントゴングが打ち鳴らされた。

場内からの大コールの中、一旦リングを降りるもオカダに促されてUターンし本隊&CHAOSの選手がリングに集結し、ライガーを胴上げ。

そして最後の最後、棚橋が「ライガーさん、会場にいる全員で『怒りの獣神』を歌って送らせて下さい」とマイクアピールし、「怒りの獣神」が場内に流れ、選手とファンが大合唱。

場内の大ライガーコールに手を振りながらリングの周りを1周し、プロレスラー人生の幕を閉じた。

次ページ(獣神サンダー・ライガー選手のバックステージコメント)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2