【WWE】KUSHIDA&シェリーがまさかのトーナメント1回戦敗退

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

KUSHIDAがアレックス・シェリーとタッグを組んでダスティ・ローデス・タッグチームクラシックに出場し、1回戦でグリズルド・ヤング・ベテランズ(ザック・ギブソン&ジェームス・ドレイク)と激突した。

KUSHIDAはダブルハンドスプリング・ニールキックでギブソン&ドレイク2人を蹴散らすと、シュリーとのダブルスープレックを決めて攻め込んだ。

さらにKUSHIDAはギブソンにクローズラインやハンドスプリング・エルボー、ドレイクにはマサヒロタナカから腕十字固めを決めると、シェリーと連携したスタンディング・ムーンサルトプレスをドレイクに放って圧倒。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、コーナートップに上がって追撃を狙ったKUSHIDAがギブソンに落とされてバリケードに激突すると、最後は取り残されたシェリーがグリズルド・ヤング・ベテランズにチケット・トゥ・メイヘムを決められて3カウント。

KUSHIDA&シェリーはまさかの1回戦敗退となり、グリズルド・ヤング・ベテランズは次週、ジ・アンディスピューテッド・エラと対戦することが決定した。

試合後、KUSHIDAは「(シェリーとのタッグは)いつでもウェルカムだ!また会いましょう」と敗戦したもののシェリーと共に前向きなメッセージを送った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事