【新日本】飯伏幸太がインフルエンザとマロリーワイス症候群から復帰!トレーニング再開も「久々に体を動かしたけど思ったように動かない。軸がぶれてしまう」


飯伏幸太が徐々にではあるが再始動に向け動き出した。

新日本プロレスの飯伏幸太が3日、自身のtwitterをアップした。飯伏はインフルエンザA型とマロリーワイス症候群を併発し、アメリカで開催されたTHE NEW BIGINNING USAツアーに参戦予定だったが欠場していた。

トレーニングを再開した飯伏は「久々に体を動かしたけど思ったように動かない。軸がぶれてしまう。全力が出せない。」と振り返り、昔のトレーニングを実施しバランスを取り戻そうと努力する様子をあげている。

これに対しファンからは
「練習開始出来るまで回復したんですね。でも、40度の高い熱の後なので、焦らずに、感覚を取り戻していってね」
「酷い症状だったのにこれだけ体が動けば充分ですよ!」
「こんなに早いパンチとキック見たことないですwこれで軸がぶれて全力じゃないなんて全力だったらどうなっちゃうのかいつか見てみたいです!!」
など温かい声援が返されている。

棚橋弘至からは飯伏とのタッグで行けるんじゃないかとラブコールも届いいている。昨年はG1 CLIMAXを制覇し夏男となり、ドームではIWGPヘビーのベルトを懸けてオカダ・カズチカと死闘を行った。2冠には届かなかったが2019年の年始にはNEVER無差別を4月にはインターコンチのベルトも巻いている。2020年こそ飯伏幸太の年とできるようその躍進に期待したい。

【新日本】1.6 大田区総合 NEW YEAR DASH!! ライガー引退セレモニー!KENTAが内藤に二冠戦を要求!鷹木が後藤のNEVERに挑戦表明!タイチがオカダにアイアンフィンガー!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事