【リアルジャパン】<3・19後楽園に向け会見>旗揚げ15年で女子の試合が初めて実現!

リアルジャパンが2月19日(木)、帝国ホテルにて記者会見をおこない、3・19東京・後楽園ホール大会の一部対戦カードを発表。

旗揚げから15年ではじめて女子プロレスの試合が行われることになった。

「初代タイガーマスク 佐山サトルストロングスタイルプロレスVol.5」

■開催日時:2020年3月19日(木)

開場/17時30分 試合開始/18時30分

■会場:東京・後楽園ホール

 

一般社団法人国家資格対策センターPresents
《スペシャルタッグマッチ30分1本勝負》
朱里(MAKAI)
安納サオリ(フリー)
vs
松本都(崖のふち女子プロレス)
彩羽匠(Marvelous)

 

平井丈雅リアルジャパン代表「2005年2月に設立記者会見をおこないまして、本日事情により欠席となっておりますが初代タイガーマスクであります佐山サトルのプロレスに対する誇り、ストロングスタイルプロレスの復興、そのストロングスタイルプロレスは佐山サトルが新日本プロレスに在籍のときにアントニオ猪木会長の教えを受け、藤波辰爾様、長州力様、他の皆様と共にリングで闘いを広げた、そのプロレスを自身の身体が動く最後に後進の方たちに背中で見せて継承したいとの思いの元にリアルジャパンは作られました。そのリアルジャパンプロレスはアントニオ猪木会長を支え、モハメド・アリ戦を実現させ、WWE(当時はWWF)会長にも就任され、昨年4月のホール・オブ・フェームにおきましてWWE名誉殿堂入りをされました過激な仕掛け人・新間寿様に会長として支えていただき、本年15周年を迎えることができました。その節目となる第1回目の大会が3月19日、後楽園ホール大会になります。15周年にあたりまして、今回新しい試みとしてご提示させていただきますのが、女子プロレススペシャルマッチ。この試合を今回15周年にして始めて女子プロレスラーの皆様をウチのリングにお招きさせていただきます。スペシャルタッグマッチ、朱里&安納サオリ組vs松本都&彩羽匠組、この1試合となります。この試合は一般社団法人国家資格対策センタープレゼンツとさせていただきます」

■身長/体重:170㎝/65㎏
■出身地  :福岡県福岡市
■ニックネーム:“イケメン女子”

彩羽匠「Marvelous(マーベラス)女子プロレス彩羽匠です。今回リアルジャパンプロレスさんでリアルジャパン15周年記念興行(第1弾)という大事な大会に参戦できることをすごくうれしく思います。女子プロレスが初めてということで、この大会の名前の通りストロングスタイルプロレスとあるように、女子でもしっかりストロングスタイルを自分が見せていきたいと思います。組ませていただく松本都選手がちょっとストロングスタイルというべきなのかは、ちょっとわかんないですけど、その分しっかりカバーしてみせていきたいと思います。よろしくお願いします」

■身長/体重:158㎝/47㎏
■出身地  :東京都三鷹市
■ニックネーム:くるくる少女

松本都「崖のふち女子プロレス、松本都です。今回、このリアルジャパンプロレスさん15周年本当におめでとうございますと思うとともに、初めての女子プロレスのリングに上がらせていただくという、凄い光栄をいただいて本当に佐山先生はじめ、みなさまに感謝しております。私がこのカードにいるのはすごい場違いだと思う方もいるかもしれないですけど、今回、お話をいただきましてこちらの女子プロレスのタッグマッチは私がマッチメークを担当させていただきました。純女子プロレスのマッチメークは初めてだったんですけども、本当に自分でもビックリするくらいのいまの女子プロレスを代表する選手に集まっていただけて、すごいカードが組めてしまったなと自分でも驚いております。私は怪奇派でふだんやらせていただいてますが、ストロングスタイルも大好きで、石川雄規選手に教わっていたこともありますし、普段できないストロングスタイルということで凄くやる気を見せております。佐山先生の技も勝手に別の練習させていただいておりますので、当日いい形で披露できたらなと思っております。いま女子プロレス本当に日本以外でも海外でも波が来ていると感じておりますので、今回の試合が後楽園ホールに来場された方以外、海の外にも届くような素敵な試合をお見せできたらなと思っております。よろしくお願いします」

■身長/体重:164㎝/58㎏
■出身地  :神奈川県海老名市
■ニックネーム:”ものが違う女”

朱里「MAKAI所属の朱里と申します。リリアルジャパン15周年記念興行(第1弾)に参戦できて本当にうれしく思います。ありがとうございます。私はキックボクシングでチャンピオンになり、MMA、パンクラスでもチャンピオンになり、そしてUFCの世界で闘ってきました。なので、ストロングスタイル、バチバチなスタイルは自分が見せるべきスタイルだと思っております。女子プロレス、カッコいい、すてきな、華やかな女子プロレス、みなさんに味わってもらいたいと思います。よろしくお願いします」

■身長/体重:160㎝/56㎏
■出身地  :滋賀県大津市
■ニックネーム:“絶対不屈彼女”

安納サオリ(メッセージを代読)「はじめましてのみなさん、またすでに知ってくださってるみなさんも、こんにちは。絶対不屈彼女、安納サオリです。昨年末にフリーになり、そしていま、新たな道を進む中で素敵なオファーをいただき、ありがとうございます。はじめてのリアルジャパンさん、そして初対戦の松本都選手、彩羽匠選手。そしてとなりには朱里選手。なんだかワクワクしますね。今年は自分を背負う年。どんな場所でも一目惚れしていただける存在でありたいと思います。安納サオリのプロレス見せます」

――松本選手がマッチメークをしたことについて。

松本「選手のセレクトも、もちろん相談しながらですけれども、任せていただきました。凄く良いカードが組めたと震えております」

――なぜ女子プロレスのカードを入れた?

平井「今回、女子のスペシャルマッチを組ませていただいた理由は2つあります。1つは私も女子プロレス団体様の試合を最近拝見させていただく機会がありまして、元々、佐山サトル総監、新間会長が提唱するストロングスタイル、そのプロレスは今迄15年間男子選手のみでウチは形成していたんですけども、女子プロレスの選手の皆様の闘志の凄さ、実力の凄さ、そしてそのしっかりとしたプロレスに対する思い、、そのお考えを多くの方々よりお聞きし、試合を拝見させていただく中で、リアルジャパンとして15周年、新たな試みの一環といたしまして、このマッチメークを組ませていただきました。そしてまた、プレゼンツ会社で記載されております。一般社団法人国家資格対策センター様より佐山総監と私の方にいま非常に女子プロレスの闘いがものすごいことになっていると。この闘いをリアルジャパンのマットで見せることによって、広い意味でのプロレスファンのみなさま、そしていままでプロレスを見なかったみなさまからも熱い闘いを見ていただき、リアルジャパンの試合も見ていただき、それがプロレス界の発展、盛り上がりになるんじゃないかというご提案をいただきました。その2つが理由でございます」

――女子の試合について佐山総監は?

平井「ストロングスタイルを提唱するリアルジャパンプロレスとして、(私に)その責任は任せるというご意思の元にご相談の上、このマッチメークを組ませていただきました」

――今回初めて女子の試合がリアルジャパンで行われるが、これは一度きり? それとも継続を考えているのか?

平井「現時点での思いといたしましては、このスペシャルマッチを3月19日に行い、それを見てという事になりますが、私の中では今回素晴らしい試合をお見せいただくことによってファンの方たちのご支援も受け、また再度ということも期待しております」

【出場予定選手】
藤田和之(第14代レジェンド王者/はぐれIGFインターナショナル)
スーパー・タイガー(リアルジャパンプロレス)
船木誠勝(フリー)
関本大介(大日本プロレス)
将軍岡本(UWAアジアパシフィック王者/ブードゥー・マーダーズ)
アレクサンダー大塚(AO/DC)
タカ・クノウ(フリー)
日高郁人(ZERO1)
鈴木秀樹(フリー)
タカ・クノウ(フリー)
ロッキー川村(パンクラスイズム横浜)
関根“シュレック”秀樹(ボンサイブルテリア)
間下隼人(リアルジャパンプロレス)
岩崎孝樹(ガンバレ★プロレス)他

※上記以外の参戦選手、及び対戦カードは来週発表予定。
※出場選手は変更となる場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事