【WWE】“女王”シャーロットと王者リアが睨み合い

日本時間2月28日にNXTが配信された。

“女王”シャーロット・フレアーがNXTメイン戦でビアンカ・ブレアと激突した。

前回のNXT登場時にシャーロットがビアンカに襲撃されて遺恨が勃発している両者は序盤から激しい攻防を展開。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ビアンカがドロップキックやショルダータックルで攻め込めば、シャーロットもチョップ連打で反撃した。

さらにビアンカがハンドスプリング・ムーンサルトを決めると、シャーロットもボストンクラブやパワーボムを放って両者の攻撃が過熱すると最後はスピアーの応酬からシャーロットがナチュラル・セレクションを決めてビアンカに勝利した。

試合終了後、シャーロットが倒れ込んでいるビアンカをパイプ椅子で暴行を加えるとPPV「レッスルマニア36」でシャーロットとの王座戦が決まっているNXT女子王者リア・リプリーが登場してビアンカを救出。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

シャーロットは攻撃を止めてリングを降りるとリアと睨み合って激しい火花を散らした。

PPV「レッスルマニア36」は日本時間4月6日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)でライブ配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事