【DDT】KO-D6人タッグ王座初Vのダムハーツがタッグ王座獲りを視野に入れた!

4日の千葉大会のメインイベントでは、ダムネーションとストロングハーツの業務提携軍(ダムハーツ)の遠藤哲哉、T-Hawk、エル・リンダマンのKO-D6人タッグ王者チームが、ディザスター・ボックスのHARASHIMA、上野勇希、吉村直巳組の挑戦を受けた。

試合は6人が入り乱れる一進一退の白熱の攻防となったが、最後はリンダマンが上野を捕らえ、ジャーマンから、タイガー・スープレックス・ホールドを決めて3カウントを奪取し、初防衛に成功した。

リンダマンは「このベルトも歴史があって好きだけど、欲張りだから、上野と吉村が持ってるタッグのベルトも狙っていきたい」と、KO―Dタッグ王座獲りにも意欲を見せた。

HARASHIMAは「このメンバーで、また必ずチャンスを得て、ベルトを獲りたい。ボクはまだ6人タッグのベルトは巻いたことないので」と雪辱を期していた。

DDT UNIVERSE LIVE! April fool 2020
【日時】2020年4月4日
【会場】千葉・2AWスクエア
【観衆】0人

▼オープニングマッチ ジョーダン・ヒートリーデビュー戦 30分一本勝負
○竹下幸之介 vs ジョーダン・ヒートリー●
11分27秒 片エビ固め
※コウモリ吊り落としぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!

▼第二試合 ハンディキャップマッチ 30分一本勝負
○樋口和貞 vs 中村圭吾&岡谷英樹●
6分25秒 カナディアン・バックブリーカー

▼第三試合 30分一本勝負
佐々木大輔&高尾蒼馬&●マッド・ポーリー vs 彰人○&勝俣瞬馬&納谷幸男
8分41秒 足4の字固め

▼第四試合 赤井沙希“おきばりやす”七番勝負第5戦 30分一本勝負
○朱里 vs 赤井沙希●
8分2秒 朱雀

▼第五試合 30分一本勝負
MAO&×マイク・ベイリー vs クリス・ブルックス&男色ディーノ×
13分56秒 無効試合

▼セミファイナル DDT EXTREME級選手権試合~NO MOVE,NO LIFEルール 60分一本勝負
<王者>○青木真也 vs 大石真翔●<挑戦者>
13分9秒 TKO勝ち
※3ロストポイント。第48代王者が初防衛に成功。

▼メインイベント KO-D6人タッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>遠藤哲哉&T-Hawk&○エル・リンダマン vs HARASHIMA&上野勇希●&吉村直巳<挑戦者組>
16分2秒 タイガー・スープレックス・ホールド
※第40代王者組が初防衛に成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事