【WWE】「ベルトを腰に巻きたい」KUSHIDAがトーナメント初戦勝利

KUSHIDAが暫定NXTクルーザー級王座トーナメント初戦でトニー・ニースと激突した。

試合前、「必ずあのベルトを腰に巻きたいと思います」と王座奪取を宣言したKUSHIDAは序盤から得意のグラウンドテクニックを披露して攻め込むと、パワーに勝るニースはトップロープやバリケードにKUSHIDAを叩き付けて応戦。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにKUSHIDAはハンドスプリング・エルボーやマサヒロ・タナカから必殺のホバーボードロックと怒涛の連続攻撃を決めるとニースも強引なジャーマン・スープレックスから450°スプラッシュを放って白熱の攻防を展開した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

しかし、最後はコーナートップでの攻防でKUSHIDAが雪崩式ホバーボードロックをニースに決めてタップ勝ち。KUSHIDAが見事トーナメント初戦でニースを撃破して王座奪取に向けて好スタートを切った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事