【大日本】ドリュー・パーカーとの所属契約を発表

大日本プロレスは小林軍団でも活躍する、ドリュー・パーカーと2021年4月末までの契約を延長を発表した。

以下、リリースより

大日本プロレスでは現在来日中のドリュー・パーカー選手と2021年4月30日までの所属契約を結びました。これまでも専属契約を結び、大日本プロレスの一員としてリングを彩ってもらいましたが、今後のグローバル展開などの一翼を担ってもらうとともに、リング上でのさらなる飛躍を本人・団体ともに目指してまいります。ドリュー・パーカー選手のこれからの活躍にご期待ください。ご声援よろしくお願いします!

選手名:ドリュー・パーカー
所属契約期間:2021年4月30日まで
選手紹介
イギリス・コナズクエイ出身
1997年12月29日生まれの22歳

ドリュー選手は2019年1月、ファイトクラブプロ日本公演で初来日を果たすと大日本プロレスにも参戦。
一度帰国したのち、日本への留学を決意。
2019年5月よりレギュラー参戦を開始し、小林軍団の一員になるや6人タッグ王座を獲得。
デスマッチ戦士には珍しい本格的な空中殺法の使い手。
キレのある飛び技はもちろん、発想力豊かな奇抜な攻めがインパクトを残しており、今後の飛躍も期待されるホープ。
日本語もメキメキと上達し、選手が英語で話しかけても日本語で返すほど。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事