【DDT】“カリスマ”佐々木大輔がA本多を破り、UNIVERSAL王座初V!クリスがリターンマッチ要求も拒否!

2日に「DDT UNIVERS」で配信された「DDT TV SHOW! #1」(会場=DDT TV SHOWスタジオ)のセミファイナルで、ダムネーションの“カリスマ”佐々木大輔(34)が、アントーニオ本多(42)の挑戦を退けて、DDT UNIVERSAL王座の初防衛に成功。

試合後には、前王者のクリス・ブルックス(28)がリターンマッチを要求するも、佐々木は拒否した。

試合は本多の奇襲で開戦。佐々木を場外に連れ出すと、缶に入ったビールを佐々木の顔面にぶちまけるなどやりたい放題。

佐々木は好物のビールを浴びたことで、かえって生き返ったのか、リングに戻ると逆襲。ペディグリーなどで攻め立てると、最後はクロスオーバー・フェースロックで絞め上げてギブアップを奪った。

佐々木は「世界がこんなときでも(ベルトは)輝いてる。途中でビールを飲まされたから気分がいい。いつなんどき誰の挑戦でも受ける」とマイク。

すると、3月20日の東京・後楽園ホール大会で佐々木に敗れて王座から陥落したクリスが現れ、リマッチを要求。佐々木は「テメェが来たか。一つ言い忘れた。このベルトに挑戦できるのは日本人限定だ!」と言い放った。これに怒ったクリスはプレーイング・マンティスボムを見舞い、佐々木はしばしダウン。

ダメージを負って、バックステージに戻った佐々木は「久しぶりに運動して気持ちいい。アイツ(クリス)の挑戦は絶対に受けない」と改めて拒否。続けて、「もっと本多との試合を振り返らせろ。相変わらず、本多との試合は『プロレスっていいな』って、思っちゃう」と感慨深く振り返っていた。

王座奪取がならなかった本多は「私が負けてしまいました。ぶつかり合いを通して、彼との何かが芽生えた気がしないわけではない。彼の宇宙、私の宇宙、皆さんの宇宙がある。出直してきます」とコメント。

挑戦を表明したクリスは「(3・20)後楽園でササキはずるいことをして勝った。アルコール中毒だ。1カ月、防衛戦もしていない」と吐き捨てていた。

DDT TV SHOW!#1
【日時】2020年5月2日(土)
【会場】DDT TV SHOWスタジオ

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○ヨシヒコ vs 飯野雄貴●
5分42秒 輪廻転生
※飯野の持ついつでもどこでも挑戦権がヨシヒコに移動

▼第二試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 30分一本勝負
<王者>○男色ディーノ vs 彰人●<挑戦者>
2分0秒 小包固め
※第1479代王者が防衛に成功。

▼第三試合 30分一本勝負
HARASHIMA&●ポコたん vs クリス・ブルックス&伊藤麻希○
13分2秒 体固め
※フライング・ビッグヘッド

▼第四試合 3WAYマッチ 30分一本勝負
●竹下幸之介 vs 吉村直巳 vs MAO○
12分35秒 体固め
※キャノンボール450°

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs アントーニオ本多●<挑戦者>
13分19秒 クロスオーバー・フェースロック
※第2代王者が初防衛に成功。

▼メインイベント KO-D無差別級王座挑戦剣争奪戦 60分一本勝負
<剣保持者>●遠藤哲哉 vs 樋口和貞○<挑戦者>
24分15秒 体固め
※轟天。樋口がさいたまスーパーアリーナ・KO-D無差別級王座挑戦剣を奪取。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事