【新日本】『BEST OF THE SUPER Jr.27』シリーズ全大会の中止を発表


※昨年の優勝者ウィル・オスプレイ

新日本プロレスは6日、公式サイトにて新型コロナウィルス感染状況並びに感染拡大防止に向けた判断として、5月12日(火)~6月6日(土)に予定されていた『BEST OF THE SUPER Jr.27』シリーズ全大会の開催中止を発表した。

新型コロナウィルス感染症拡大はジュニア戦士の最強決定戦の中止にも影響を及ぼした。

IWGPジュニアヘビー級チャンピオンの高橋ヒロムは自身のTwitterにて「中止でなく延期と信じている」と語っており、世界のジュニア戦士達の熱い戦いが見れる『BEST OF THE SUPER Jr.27』の開催に期待したい。

開催中止となる大会は以下の通り。

■『BEST OF THE SUPER Jr.27』
5月12日(火)東京・後楽園ホール
5月13日(水)東京・後楽園ホール
5月14日(木)東京・後楽園ホール
5月16日(土)山形・山形ビッグウイング
5月17日(日)岩手・盛岡タカヤアリーナ
5月18日(月)福島・いわき市立総合体育館
5月19日(火)宮城・仙台サンプラザホール
5月21日(木)東京・後楽園ホール
5月22日(金)東京・後楽園ホール
5月23日(土)東京・後楽園ホール
5月24日(日)茨城・かみす防災アリーナ
5月27日(水)長野・佐久市総合体育館
5月28日(木)愛知・名古屋国際会議場・イベントホール
5月29日(金)大阪・大阪市中央体育館・サブアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)
5月30日(土)大阪・大阪市中央体育館・サブアリーナ(丸善インテックアリーナ大阪)
6月01日(月)愛媛・アイテムえひめ
6月02日(火)香川・高松市総合体育館・第1競技場
6月04日(木)東京・後楽園ホール
6月06日(土)東京・大田区総合体育館

また、今回新たに中止となった各大会のチケットの払い戻し方法に関しましては詳細が決まり次第に公式サイトにて発表される。

6月6日以降の各大会の開催可否に関しては状況を注視しながらの判断となり、今後の状況と安全面を慎重に考慮しながら無観客試合の実施についても継続して検討していくとのこと。

大会中止の期間中は、新日本プロレスワールドで選手、スタッフが「今できること」として『新日本プロレスTogetherプロジェクト』を配信している。

新日本プロレスワールド
https://njpwworld.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事