【DDT】全日本・秋山準がDDTのゲストコーチに就任し「DDT TV SHOW!」にレギュラー参戦へ

全日本プロレスの“重鎮”秋山準(50)がDDTプロレスリングのゲストコーチに就任し、「DDT TV SHOW!」にレギュラー参戦することが決まった。

9日、動画配信サービス「DDT UNIVERSE」で、「DDT TV SHOW! #2」(DDT TV SHOWスタジオ)が放送され、秋山がリングに登場。

秋山は「この度、高木(三四郎)社長から言われて、ゲストコーチに就任しました。全日本プロレスから受け継がれたものを、DDTにすべて教えたい。よろしくお願いします」とあいさつ。

今林久弥アシスタントプロデューサーから「DDTの印象は?」と聞かれると、秋山は「高木さんの元、一致団結した団体との印象。前に当たった竹下(幸之介)選手がいちばん気になる」と答えた。

秋山は16日配信の「DDT TV SHOW! #3」に出場し、全日本とも縁が深い石井慧介(35=ガンバレ☆プロレス)とタッグを組み、渡瀬瑞基(29)、岡谷英樹(19)組と対戦する。

バックステージで秋山は「オレでいいのかなって思った。Twitterで言われて、DDTにはでき上がった選手がたくさんいるので、『オレが何教えるの?』って思った。(ジャイアント)馬場さんから教わった部分を若い選手に教えていければ」と述べた。

高木社長(50)は「Twitterで秋山さんが『オレが1から10まで教えたら、どんな選手になるんだろう?』『試合で見せてるのは6から10だと思うけど、1から5が大事』というようなことを書かれていて、その言葉が気になって。今は一歩引いて守るべきだと思う。DDTの選手に培ってきたものを教えていただきたいと思ってDMでお願いしました。タイミング的にNXTのコーチになられるのかと思ってたけど、まだ渡米されていなかったので、ダメ元でオファーしたらOKでした。1から10まで教えていただきたい。こういう時期だから、今は時間がある。もう1回プロレスを見つめ直す時期。興行再開したときに、遅れを取ってはいけない」と語った。

今後、秋山は全日本のスケジュールと重ならないかぎりは、積極的にDDTに参戦していく予定で、DDTの真骨頂の一つでもある路上プロレスへの参戦に関しては、「オレはアイアンマン(ヘビーメタル級)のベルトを持ってたこともあるんだよ」と含みをもたせた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事