【WWE】王者マッキンタイアがラシュリーを襲撃して大乱闘

日本時間5月26日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたロウが配信された。

◆王者マッキンタイアがラシュリーを襲撃して大乱闘

WWE王者ドリュー・マッキンタイアがPPV「バックラッシュ」で対戦するボビー・ラシュリーのビジネスパートナー、MVPのVIPラウンジにゲスト出演した。

MVPは「すぐに元WWE王者なるマッキンタイアだ」と敵対的にマッキンタイアを紹介すると、「ラシュリーは俺のおかげで13年かけて王座挑戦に辿り着いた」と主張。

これにマッキンタイアが「俺の代わりに考えたり、話したりする奴は必要ない」と以前勧誘をしてきたMVPを否定すると因縁のラシュリーが姿を現した。

MVPが「未来のWWE王者ボビー・ラシュリーだ」と紹介すると、マッキンタイアはMVPをクレイモアで蹴散らし、「カモーン!俺と闘え」と場外のラシュリーを挑発した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

さらにメイン戦でラシュリー&MVPとストリート・プロフィッツが対戦してラシュリーの反則裁定となると、再び現れたマッキンタイアがラシュリーを襲撃。

マッキンタイアがグラスゴー・キスやバリケードに叩き付けて暴れるとラシュリーもスピアーで反撃して会場にいた練習生たちが止めに入る大乱闘になった。

マッキンタイア対ラシュリーのWWE王座戦が行なわれるPPV「バックラッシュ」は日本時間6月15日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事