【DDT】6.6にUNIVERSAL王座争う佐々木大輔とスーパーハードコア勝俣瞬馬の遺恨深まる!

「WRESTLE PETER PAN 【DAY1】」(6月6日配信)で、DDT UNIVERSAL王座を争う、佐々木大輔(34=王者)と勝俣瞬馬(27=挑戦者)の遺恨が深まった。

無観客による「DDT TV SHOW! #5」(DDT TV SHOWスタジオ)が30日、動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送され、第3試合で、「ダムネーション」の佐々木、高尾蒼馬(31)組が、「オールアウト」の勝俣、飯野雄貴(25)組と対戦。

同王者の佐々木は、勝俣、木高イサミ(BASARA)を挑戦者に迎え、ハードコア3WAYマッチでV3戦を行うが、その前哨戦となった佐々木と勝俣がイス攻撃、トラースキックの応酬などで、激しい闘いを展開。試合は飯野がラリアット、ネックハンギングボムで高尾を追い込むも、高尾が起死回生のランニング・エルボーを飯野に叩き込んで逆転勝利を収めた。

バックステージで佐々木が「勝俣! ゴミクズだ。何でアイツがこのベルトに挑戦できるんだ。辞退しろ! オレとイサミでやった方がいい」とコメントすると、そこに勝俣がスーパーハードコアバージョンの姿で現れ、佐々木をイスで襲撃。

勝俣は佐々木をリングに上げると、イス盛りとレゴの上へ、佐々木が得意とするペディグリーを見舞い、佐々木は大の字に。勝俣はUNIVERSALのベルトを掲げて、王座奪取をアピールした。

これまで、佐々木はさんざん勝俣のことをこき下ろしてきたが、勝俣が得意とするハードコアルールなら、油断は禁物。そこにハードコアのエキスパートであるイサミが加わるUNIVERSAL王座戦は、壮絶な闘いになりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事