才木玲佳が鍛え上げられた背中を披露!ファンは「鬼のかお」「裸より、筋肉の方に目が行く」「デッカ」と賛辞

筋肉アイドルでプロレスラーの才木玲佳が鍛え上げられた背中を自身のSNSで披露した。


才木玲佳は2016年に「プロレス総合学院1期生卒業試合」での木村花戦でプロレスデビュー。同年より東京女子プロレスにレギュラー参戦するようになると、2017年7月に東京プリンセスカップに優勝。勢いそのままに同年8月にTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座を戴冠し(第4代)王座を2回防衛。

2019年にはActwres girl’Zの安納サオリを破りAWGシングル王座を獲得するも有田ひめか戦で敗北し『右側下顎角部骨折』と診断され長期欠場となり、ベルトも返上となってしまった。

▼参考:才木玲佳がフルコスチュームに着替えてみた

現在は怪我は治った模様だがコロナ禍で試合ができない状況と所属していたWRESTLE-1が4月に活動を休止しており、今後の活動に注目がされている。そんな中で披露した鍛え上げられえた背中の筋肉にファンからは

「鬼や」
「鬼の貌(かお)だ」
「裸より、筋肉の方に目が行く」
「かわいいとカッコいいの共存」
「デッカ!」
「理想の背筋」
「ナイスマッスル」
「肉体美が凄い」

と賛辞を惜しまない。

鍛え上げられた肉体をリングで披露する日はやってくるのか・・・期待して待ちたい。

【編集長インタビュー】「プロレスラー」と「筋肉アイドル」二刀流の才木玲佳が「ムキカワ女子の増殖」を宣言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事