【DDT】ゴリ押し参戦の“極悪ヤンキーレスラー”立花誠吾が島谷常寛に黒星も男色ディーノが助け船!

元WRESTLE-1で、ゴリ押し参戦に成功した“極悪ヤンキーレスラー”立花誠吾(22=フリー)が島谷常寛(24=フリー)に敗れるも、男色ディーノ(43)が助け船を出した。

6日に動画配信サービス「WRESLE UNIVERSE」で、無観客による「WRESTLE PETER PAN 2020【DAY1】」(DDT TV SHOWスタジオ)が放送され、オープニングマッチで、DDTにレギュラー参戦を希望する立花と島谷が一騎打ちを行った。

立花は今林アシスタントプロデューサーを再三恫喝し、5月23日配信大会終了後の撤収中に、新人の岡谷英樹との10分エキシビションマッチにこぎ着けたがドローに終わっている。この一戦がラストチャンスともいえた立花はエルボー連打などで攻め立て、5分過ぎにはドロップキック、フィッシャーマン・スープレックスホールドとたたみこんだが、島谷の逆打ちを食って、逆転のフォール負け。

勝った島谷は「見ての通り、オレが勝ったぞ! 約束通り、オレがこれからレギュラー参戦する。よく覚えとけ!」と意気揚々とアピール。

今林APは「立花さん、2度目のチャンスもモノにできなかった。今後の参戦はないです。お帰りください」と非情通告。

すると、ディーノが現れ、立花に肩を貸して退場した。バックステージで、ディーノは「今日は負けよ。でも負けて、引き下がるタマじゃないよね。DDTでは実績ゼロ。ここから実績挙げて、もう1回てっぺん目指そうじゃない。アンタの姿見てグッときた。私がナビゲートしてやる」と立花のアシストを約束。立花は「何回でも引き下がらない。今日は負けたけど、勝負は逆にもなる。アイツは急所をメチャクチャ蹴ってきた」とあきらめない姿勢を見せていた。

WRESTLE PETER PAN 2020【DAY1】
【日時】2020年6月6日(土)
【会場】DDT TV SHOWスタジオ

▼オープニングマッチ DDTにレギュラー参戦したい選手によるシングルマッチ 30分一本勝負
○島谷常寛 vs 立花誠吾●
5分40秒 逆打ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事