【新日本】オカダが新タイトル『KOPW2020』の設置を提言!出場選手は希望対戦形式を持ち寄り8.26後楽園でシングル4試合。勝者が8.29神宮で4WAYマッチでタイトル争う

28日、新日本プロレスはオンライン会見を実施。その中でオカダ・カズチカがかねてより相談をしていた提案について発表が行われた。その提案の内容は新タイトルの設置であった…

新タイトルの名称は『KOPW2020(ケーオーピーダブリューツーサウザンドトゥエンティ)』

出場選手は自分の希望対戦形式(3本勝負やラダー勝負、金網etc.)を持ち寄り、試合形式はファン投票によってルールを決定する。

8.26後楽園ホールで1回戦を実施。8選手による4つのシングルマッチを行う。

その勝者が8.29神宮大会で4WAYマッチを行い、その勝者が『KOPW2020』のタイトルを獲得する。ベルトは無し。

年末の時点で『KOPW2020』を保持しているものに2020年度のトロフィーが授与される。

次年度以降は『KOPW2021』として新たなタイトルを争っていく。

 

新たな権利証を保持する様な新機軸の戦いが展開される模様だ。

新タイトルの今後は決定次第、発表される。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事