【新日本】小島聡がKOPWに立候補表明!デスペがいちゃもん「テメェのクローズラインなんてハンセンのマネ」小島「俺は新日本一元気なプロレスラー!KOPWいっちゃうぞバカヤロー」

小島聡がKOPWに立候補表明だ!それにいちゃもんをつけたのは鈴木軍のエルデスペラード。2人の対決が真夏の神宮前に特殊ルールで描き出される…

8日、新日本プロレスはSUMMER STRUGGLE2020の3日目を後楽園ホールで開催。NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメントの熱き戦いと共に神宮での決戦に向けたKOPWへの意欲を示す選手が続々と現れたきた。

動きがあったのは第4試合の試合終了後だ。小島聡が剛腕ラリアットでスリーカウントを取った後にマイクを握り語りだした。

SUMMER STRUGGLE 2020
日時:2020年8月8日(土) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:698人(札止め)

▼第4試合 30分1本勝負
田口 隆祐 小島 聡〇  天山 広吉
vs
DOUKI× エル・デスペラード 鈴木 みのる
9分37秒  ラリアット→片エビ固め

小島「ちまたで噂のK・O・P・Wに私も立候補したいと思います…いや出ちゃうぞバカヤロー」

デスペラード「オイオイオイ、ポンコツ。昨日、今日、思い出したように言ったら出れるのか?たいしたもんだな。オレが相手してやる。どうせテメェのクローズラインなんかハンセンの真似してるだけだろ?オレに通用すると思うなよ。バーカ!」

小島「言ったなテメェ、このヤロー。オマエとやってやってもいいぞ。オレを誰だと思ってんだ?」

デスペラード「知らねーよ」

小島「知らねぇか。だったら教えてやるよ…小島聡という新日本プロレス一番元気のいいプロレスラーだ。とりあえずKOPWいっちゃうぞバカヤロー!」

▼バックヤードでのコメント

小島「リング上で言った通りだ。『KOPW』という、とてもとても面白そうな大会があると聞いて、とりあえず自分の思いを言わせてもらいました。若くてイキのいい選手だけが出場するのも、とてもいいことだと思うし、面白いと思う。だけど、俺みたいな、熟して熟して熟し切った、大ベテランのプロレスラーが参加してこそ、とても面白いものになると思いませんか?俺は勝手にそう思ってる。この29年という長いプロレス人生、29年だぞ!今度やる神宮球場でも試合をしているんだ!どれだけ長い時間、プロレスラーとして生きてきたと思ってるんだ。あと、デスペラードか。俺のことは何言ってもいいよ。俺のことはバカにしてもいい。ただ、オマエはひとつ、言っちゃいけないことを言ったな。

オイ、オマエ、ラリアットのことバカにしただろ。オイ、右腕のことバカにしただろ。オマエ、それだけは、悪いけど、絶対に許さないぞ。俺のことはどうだっていいんだよ。ただ、俺がやってきたラリアット、この右腕をコケにしたらどういう思いをするか、それをよく覚えとけ。いいか、オマエなんか、やるとしてもケッチョンケッチョンの、ギッタンギッタンにしてやる!」

デスペラード「オイ、オイオイオイオイ、何、思いついたかのように思い出したかのように、急にコメント出したな。何だアイツは?どうせ忘れてたんだろ、そんなものがあること自体。まぁいいや。アイツが腕、異常に太ぇの何でか分かる?俺は知ってんだよ!本来、頭に行くはずの栄養が手に行っちゃったからよぉ、足りない頭ででっかくなった腕振り回して、いい気になってるだけなの。しかも、自分が憧れたスタン・ハンセンに、話して、ハンセンつったら……ウエスタン・ラリアットか。アレをもらった気になってんだよ。あーーー!そんなカッコ悪いコピー・レスラー、聞いたことねぇよ。それで30年もやってんだから、すげぇよ。コピーだけで30年もメシ食えんだったらよぉ、誰でも食えるよ!こちとらずーっとしゃべってんだぜ?K……KO……『KOPW』。『KOPW』だ。ずーっとしゃべってんだ。あ?あんなヤツに負けるかよ。どうせクローズラインしかねぇで、俺がバカにしたからよぉ、『クローズラインでアイツの頭すっ飛ばしてやるぜ!』つって、限定マッチとか言い出したんじゃない?俺、聞いてないから知らないけどさ。(※報道陣に)何つってた、アイツ?どういうルール?」

──現時点ではまだルールには言及しませんでした

デスペラード「言及してない?アイツは『KOPW』のルール知ってんのか?自分でルールを持ってきて、自分のいいようにやるっていう主旨を。……指定してやるよ!アイツはおつむテンテンだからよぉ、どうせ『KOPW』って名前を今日やっと覚えて、言いたくて言ったけど、内容はまだ知らねぇんだろ?俺が言ってやるよ。『フィニッシュ限定マッチ』だ!オマエはクローズラインで来い。俺はピンチェ・ロコ。それ以外のカウントは一切数えない。俺が何をやって……例えばだよ、不幸な事故でアイツのキンタマ蹴り上がっちゃって……事故だよ、事故。意図的にはやってないよ。事故でキ〇タマが痛いことになってだ、俺が丸め込んでも、それもカウントなしだ。正々堂々、お互いのフィニッシャーだけで勝負しようじゃないか。……カッコいいな、俺」

KOPWのKOはKOjimaのKOとなるのか?オカダと裕二郎が参戦を表明する中、残りの4人のエントリーは一体誰になるのか?注目である。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事