【WWE】KUSHIDAが三つ巴予選で善戦も北米王座決定ラダー戦出場届かず


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間8月14日にNXTが配信され、KUSHIDAが北米王座決定ラダー戦の出場権をかけたトリプルスレットの予選でキャメロン・グライムス、ベルベティーン・ドリームと対戦した。

KUSHIDAはサプライズ出場となったドリームにハンドスプリング・ニールキックやトルネードDDTを決めると、グライムスにはオーバーヘッドキックを放って攻め込んだ。

一時はKUSHIDAがドリームのドリーム・デスバレー・ドライバーを食らってピンチとなったが、コーナートップからのトペ・コンヒーロでドリームに反撃すると、グライムスには雪崩式アーム・バーを決めて猛攻。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

終盤にはKUSHIDAがホバーボードロックでドリームを捕まえて勝負を決めるかに思われたが、最後はグライムスがそのKUSHIDAにケイブインを叩き込んで3カウント。

KUSHIDAは激しい三つ巴戦で善戦するも、グライムスが「NXTテイクオーバーXXX」で行なわれるNXT北米王座決定ラダー戦に出場することが決定した。

さらに試合後にはドリームが倒れていたKUSHIDAに馬乗りになって暴行を加えると、そこへフィン・ベイラーが登場。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王座戦に負傷欠場となったデクスター・ルミスの代わりを選ぶ2試合のシングル戦で対戦することになった2人はリングで睨み合って火花を散らした。

NXT北米王座決定ラダー戦が行なわれる「NXTテイクオーバーXXX」は日本時間8月23日にWWEネットワークで配信される。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事