【WWE】カリオン・クロスが元2冠王者キース・リーを沈めてNXT王座を戴冠


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

日本時間8月23日、フロリダ州ウィンター・パークのフルセイル大学にて行なわれた「NXTテイクオーバーXXX」が配信された。

王者キース・リーとカリオン・クロス(withスカーレット)が「NXTテイクオーバーXXX」のNXT王座戦で激突した。

リーは序盤からクロスボディやバリケードにクロスを叩きつけて攻め込んだが、ポストに誤爆するとクロスに左腕を蹴り上げられてダメージを負ってしまう。

続けてクロスがアームロックや飛び付きアーム・バーでリーの左腕を集中攻撃したが、リーはそのまま持ち上げたクロスにパワースラムを放って激しい攻防を展開した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

試合終盤にはリーがクロスのクロスジャケットを辛うじてロープエスケイプで回避すると、残った力を振り絞ってスピリットボムを放つも決定打とならず、最後はクロスが2ndロープから雪崩式ドゥームズデイ・サイトーを叩き込んで3カウント。

かつて2冠を誇ったリーは王座陥落し、クロスがNXT王座を戴冠した。


©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事