【新日本】飯伏幸太がG1初戦でオカダから勝利!飯伏「逃げない・負けない・諦めない・裏切らない。そして本当の神になる!」9.19 G1 CLIMAX 30 開幕戦 in 大阪

飯伏がペース配分無しの全力勝負でレインメーカーを降し、2連覇に向けたG1初戦の勝利を飾った。

19日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30を大阪府立体育会館で開幕。この日のメインイベントとなった飯伏幸太vsオカダカズチカの一戦でゴールデンスターがレインメーカーに勝利して「本当の神」に一歩近づいた。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月19日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,401人

1.4東京ドームのメインカードと同一カードが実現したこの日のメインイベント。昨年G1を制した飯伏幸太は2連覇をかけて挑む。過去の連覇達成は蝶野・天山のみ。

一方のオカダはレインメーカーを封印し変形コブラクラッチホールドをフィニッシュにしてのG1だ。試合前に観客の拍手を促して入場コスチュームを勢いよくはがした。昨年のG1ブロック決勝戦では飯伏がオカダに勝利し優勝決定戦へと進出している。

グラウンドの攻防で飯伏がフェイスロックで締め上げ続ければオカダもフェイスロックで逆襲。フランケンシュタイナーで場外にオカダを投げ飛ばすとスライディングキックからラ・ケブラーダを狙うも飛んだ瞬間にオカダが足をひっぱり阻止。

オカダがスピーディなスライディングキックを決めるも飯伏は「こいやコラァ!」と気合を入れる。これにオカダも「お前がコイヤ!」と意地を張る。

スピンキックをオカダの腹部に決めてサッカーボールキックはかわされてもその場飛びのムーンサルトプレスで押し込む飯伏。

オカダが「大阪―」と声をあげ、足と手拍子で拍手を求めるや大阪エディオンホールに地鳴りが響く。スタンディングのコブラクラッチを極めに来たオカダに膝蹴りで飯伏は対応。

河津落しから変形コブラクラッチに入るオカダ。飯伏は意識朦朧としながらもサードロープに足を伸ばしてエスケイプ。場外でオカダが攻撃をしようとした刹那に飯伏、今度こそのラ・ケブラーダを炸裂させる。

雪崩式のツームストンを狙うオカダをスワンダイブ式の雪崩式フランケンシュタイナーで落とす飯伏。座り込んでのエルボー合戦も互いにうってこいとアピールしてゆずらない。

カミゴェを狙う飯伏に低空クリンチの姿勢でオカダは防御するも飯伏はこめかみに鋭い蹴り。飯伏がボマイェを狙ったところをオカダは回転式のツームストンドライバーで切り返し、変形コブラクラッチへ。これを力技で切り抜けてオカダのショットガンドロップキックもかわす飯伏。

ヒザ2連初をドロップキックで切り返したオカダがカミゴェの姿勢からショットガンドロップキックを狙うも、これを飯伏がシットダウン式ラストライドで切り返し。最後はボマイェからのカミゴェでG1初戦を飯伏がオカダからの勝利で飾った。

▼第6試合 30分1本勝負

「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇飯伏幸太 vs オカダカズチカ✖
21分35秒  カミゴェ→片エビ固め

<試合後リング上の飯伏のマイク>

飯伏「こんな状況の中、集まってくれて僕は本当に嬉しいです。そしてAブロック、いや、このG1の優勝候補であるオカダカズチカに勝ったこの1勝は無茶苦茶大きいと思います。僕は逃げない・負けない・諦めない・裏切らない。そして本当の神になる!」
 
そう叫んでコーナーポストへ上りポーズをとる飯伏の背中を神々しくスポットライトが照らしだした。
 
 
<バックステージ>
--見事に初戦白星発進を飾りました飯伏幸太選手です。おめでとうございます。
 
飯伏「ありがとうございます」
 
--今日の一戦は、リーグ戦9戦ある中で、「ただの一戦じゃないんだ」と試合前におっしゃってました。その一戦(で勝利)を取った意味、どうとらえますか?
 
飯伏「去年の『G1』で、僕は優勝決定戦に(進出して)勝つためには、オカダ・カズチカに勝たないといけない。そして、僕が東京ドーム、1.4で、メインイベントで、オカダ選手に負けてるんです。そのリベンジも含めて、今日の一戦、全力で闘いました。僕は、『G1はリーグ戦なんで、配分を考えて闘う』、こう言ってきたんですけど、結果、初戦がオカダ戦。これは全力でいくしかないんですよ。だから全力でいきました」
 
--その結果、見事に勝利を収めたわけですが、1.4東京ドームでは敗れました。今日の試合は、「今のオカダと、今の飯伏を見てほしい」といった話もされてました。どんなところが変化しましたか?
 
飯伏「いや、そのまんまですね。そのまま。今の飯伏幸太、今のオカダ・カズチカ。ただ、僕はただ、オカダ選手はレインメーカーも出してないし、本当の全力じゃないんで。僕はそう思ってます。また1対1で闘う日が来たら、もう1度、きれいに決着をつけましょう」
 
--あと、今日、(勝利後の)マイクパフォーマンスで印象的だったのは、これまで「神なる」という発言はあったんですけど、「本当の神になる」、“本当の”というところにこれまでと違うニュアンスを感じるんですけど、どんなイメージなんですか?
 
飯伏「みんなが思ってる“神”っていうのもは、僕の尊敬する棚橋さんだったり、中邑(真輔)さんだったり、いろんな人物のことを言ってるんですけど、これはみんなの想像に任せますよ。僕が言ってるのは“本当の神”、神様になる。これたぶん、わからないと思うんですよ。わからないけど、わかる人にはわかると思うんです。本当の神様になる、という意味の“神”です」
 
--重要なオカダ戦で初戦白星取りました。今度は次戦、9月23日、札幌。(対戦相手は)去年の優勝決定戦のカード、ジェイ・ホワイト選手。これもまた非常に強敵だと思うんですけど、そこに向けての意気込み、お願いします。
 
飯伏「そうですね、去年は優勝決定戦で勝ってるんですけども、1月5日、僕はジェイ・ホワイトに負けてるんで。それがまったく、オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイト、この順番なんですよ。去年の『G1』もそうだし、1月4日、5日、この伝説の東京ドーム大会も連敗してるんで。こっち(『G1』)で勝ってるのに、東京ドームで負けてるんで。これでちょっと差ができたのかなと。そして今、こういう状況。コロナウイルスでしばらく試合ができない期間があったので、そこでちょっと薄まったかなと。去年の『G1』優勝からの印象が、薄まってしまったのかなと。あと連敗でちょっと、薄まってしまったかなと思ってるので、自分の実力が。ここでやっぱり見せつけたいなと思います」
 
--タッグ戦線が長くて、久しぶりにメインイベントで勝利。その気持ちはどうですか?
 
飯伏「シングルでの勝利はうれしいし、何よりもオカダ戦に勝ったというのがうれしいし。あと久々だったんで、シングルマッチの感覚っていうのが、まあ無観客ではこないだ1試合、2試合やりましたけど、久々の有観客での(シングルの)試合だったんで、ちょっと感覚がつかめないですよね。まあ、お客さんが声を出せない分、自分の感覚っていうものがつかめない。まあ逆にいえば、それが思いっきり全力でいけたのかなという部分がありますね。(勝利は)その部分での差かもしれない。もしかしたら、(通常の雰囲気で応援できる環境の中)お客さんがいたら僕が負けてたかもしれないし、わからないですけど、今日のこの状況での結果なので」
 
--もともと飯伏選手は破天荒なことをして観客の声援を後押しにして、相手をどんどん追い込んでいくスタイルでしたよね? そういうことからして、個の観客が声を出せないという状況はものすごくハンディになってるんじゃないですか?
 
飯伏「僕もそう思ってたんです。キャリア15年、16年目にして無観客でしばらく試合があったじゃないですか。その間に、お客さんがいるのといないのと経験して、いるのもいないのもあまり変わらないっていうのを感じたんで。そのへんはすごい経験になりましたね。3月、4月、5月で、すごく経験になりました。無観客(試合)をやってよかったなと、それは思いますね」
 
※オカダはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事