【新日本】みのるvs石井の試合は意地と骨と頭突きのぶつかり合い!G1初戦の負けん気合戦をプロレス王が制す!9.19 G1 CLIMAX 30 開幕戦 in 大阪

お互いに意地の張り合いでは負けられない!鈴木みのると石井智宏のG1初戦は漢気対決。張り手で、頭突きで、意地の張り合いでやりあった両者の戦いはプロレス王に軍配があがった。

19日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30を大阪府立体育会館で開幕。Aブロック初戦で鈴木みのる vs 石井智宏の男対男の一戦が実現した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月19日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,401人

試合開始早々からお互いに張り合う両者。押し勝った鈴木がコーナーでエルボー連打するや体を入れ替えて石井がやり返すというケンカファイトを展開。

場外戦ではみのるが石井を圧倒、ジャンプをしてのバックドロップ後にみのるに跨り足蹴にする石井。

みのるのエルボーにたたらをふみ倒れた石井に会場は拍手・三拍子の大石井コールで応援。

骨と骨がぶつかりあい、頭突きと頭突きがぶつかり合う意地の張り合い。みのるが一本足頭突きで追い込めば、石井はカウンターのラリアットで応酬。

スライディング式のブーツも繰り出したみのるは石井の垂直落下ブレーンバスターの姿勢を切り返してのゴッチ式パイルドライバーでフィニッシュとなった。

▼第4試合 30分1本勝負

「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖石井智宏 vs 鈴木みのる〇
13分00秒  ゴッチ式パイルドライバー→体固め

<バックステージ>

鈴木「(※ビデオカメラ、記者の一人ひとりを順ににらみつけてからボソッと)次はタイチだ…」
 
※石井はノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事