【新日本】KENTAが後藤洋央紀に宣言通りのGAME OVER敢行!KENTA「一喜一憂してたらダメだって去年で感じたから」9.20 G1 CLIMAX 30 Bブロック開幕戦 in 大阪

KENTAが宣言通りのGAME OVERを決めた!

20日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックの開幕戦を大阪府立体育会館で開催。コロナ禍の時期をアメリカで過ごし臥薪嘗胆の季節を超えたKENTAが荒武者・後藤洋央紀と開幕戦でぶつかりあった。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月20日(日) 12:00開場 14:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:2,640人

8月にアメリカで行われたUSヘビーへの挑戦権をかけたトーナメントを制したKENTAは赤いトランクケースを持参しての入場。後藤との試合は昨年KENTAがソウルメイトの柴田勝頼を裏切ってからの因縁でNEVERのベルトをかけても戦った。
 
KENTAは試合がはじまるやいなや場外に出て観客のブーイングを聞きに行くも、声援をあげられずブーイングもあがらない。
 
あくまで真っ向勝負、クリーンなぶつかり合いを望む後藤に対して間をとりまともにやりあわないKENTA。ロープワークを使ってのインサイドワークに肩を鉄柱に打ち付ける等、GAME OVER(KENTAの変形フェイスロック)での決着を狙って布石をうつ。
アームブリーカー、脇固め、蹴りで肩へ集中攻撃するKENTA。
腕を攻められ真っ赤に腫らしながらも後藤はバックドロップで反撃。KENTAはトップロープから「ゴトヒロ~」と叫びながらの攻撃。さらには顔面・肩への蹴りで挑発していく。しかし後藤は蹴って来いと意地を張り通す。
後藤も負けじと腕殺しで対抗。地獄車でKENTAを叩きつけGTRを狙う。
KENTAはDDTで後藤をリングに串刺しにしてこれを阻止。さらにはロープを利用したハングマン式のDDT。
KENTAは対角線からのドロップキック2連発で後藤を追い込むやトップロープからのダイビングフットスタンプ。
後藤は牛殺しから昇龍結界。
GTRを狙うがするっと足元にすり抜けたKENTAがそこからGAME OVERに入る。動く後藤に締め直しGAME OVER。更に動く後藤に回転してのGAME OVERと腕攻撃を完遂したKENTAに後藤はタップアウトせざるをえなかった。
▼第4試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
✖後藤洋央紀 vs KENTA〇
17分15秒  GAME OVER
 
コーナーポストで自身の汗をまきちらし、親指を下に向けながら花道を下がるKENTAだった。
 
<バックステージ>
KENTA「(※NJPW WORLDのハンディカメラに語りかけるように)ヨッ、久しぶり。エッ? まあ一応な。それなりにな。お前の方こそ、元気だった? そっか。エッ、あっちで友達? まあ、それなりにね。それなりにはできたけどさ。あっちで彼女? いやあ、バカ言うなよ。できるわけねえだろ。だって俺、俺お前のこと……いや、なんでもない。(※遠くから誰かが呼んでるようなそぶりを見せ)ああ、今行くよ。まあ、そういう感じだから、また近いうちに。エッ? お帰りってお前、別に。そんなあらたまって……ただいま。エッ、なんだこれ! 長いなあ。誰が久しぶりに。ほんとは両想いだったんだけど、なんか親の都合で片方が海外行ってて、それが久しぶりに帰ってきて会った時に、なんかはにかんだ感じみたいな、そんなのやんなくていいんだよ。ちょっと、座れよ。(※フロアにあぐらをかいて)ちょっとニュージャパンワールド(NJPW WORLD)のカメラに会うの、俺どんだけ楽しみにしてたか知らないでしょ? こんなこと言いたくないけど。こんなことほんとは言いたくないんだけど……あなた誰? いつもの人じゃない! どんだけ待ちわびたと思ってんの、この瞬間を? もう1回言うよ。誰? まあ、いいや。でもね、ニュージャパンワールドのことはいつも思ってたし、ツイッターとかでみんなのコメントとか見てたし。いつも、あいつと、心はそばにあったつもりなだけど……誰? これだって、『G1』だろ? もっとちゃんと、『G1』のこと……ちょっと長くなるよ、久しぶりだから。だから、『G1』、1勝1勝に、なんかもう、一喜一憂してたら、ダメだってことは、俺もう、去年でもう感じたから。知ってる? オレ(去年の『G1』で、開幕から)4連勝して。そのあと知ってる? 5連敗(※苦笑)。意味ねえ、それ。で、今日の1勝で俺なんにも、うわついてもなんにもいないから。さらに気を引き締めて。まあ、ゴトヒロ(後藤洋央紀)問題、いろいろあるけど、この野郎……まあ、こんな感じかな。だからまた、これ始まるけど……。ずっと(ついて回るの)? (※首を横に降るようにカメラが動くのを見て)よし! あの人、帰ってくんのかな? (※カメラが首を縦に振るように動くのを見て)よっしゃ! それを楽しみに、仕事しようかな。(※ゆっくり立ち上がり)まあ結局、俺がなにが言いたかったかっていうと……この自粛期間中の俺の楽しみは、ひそかに天山広吉、マスター・ワト組のコメントを聞くことだったってこと!」
 

後藤「(※右肩をアイシングしながら)いやあ最後、ガッチリ決まっちゃった。あれもう、逃げられなかった。あそこでもうちょっと我慢してたら、『G1 CLIMAX』、まさしくGAME OVERになるとこでしたよ。まだ俺の『G1 CLIMAX』、始まったばっかだから。次だよ。次……」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事