【新日本】石井とのCHAOS同士の戦いを増量オスプレイが制す!オスプレイ「俺は自分が世界最高のレスラーだって信じてる。次の狙いはG1制覇」9.23 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 北海道

オスプレイの勢いが止まらない!ヘビー級の身体を手にして自信が高まる一方だ。

23日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックを北海きたえーるで開催。ウィル・オスプレイと石井智宏のCHAOS対決が実現した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月23日(水) 16:30開場 18:30開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:1,961人

CHAOS同士の戦いということもあり、試合開始直後にオスプレイは握手を求めるが石井はこれをエルボーで拒否

ゴツゴツとした石井の土俵でぶつかりあう両者

重みを増したキックで石井の側頭部を蹴り飛ばすオスプレイ

石井は魂のラリアットでオスプレイを張り飛ばす

オスプレイは場外でのオスカッター、コーナーからのオスカッターと様々な形でカッターを決めていく。

  身体は大きくなっても空中殺法の華麗さは変わらず、石井を足で投げ飛ばす。

ヘビー級となり投げ技でも圧倒するオスプレイ。十分な力を持って石井を投げ飛ばす。

ヒドゥン・ブレイドで首をかっきり、最後はストームブレイカーで石井を葬った。

▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖石井智宏 vs ウィル・オスプレイ〇
(2敗=0点) (2勝=4点)
18分20秒  ストームブレイカー→片エビ固め

進化をみせつける形でウィル・オスプレイが2連勝。勝ち点4をもぎ取った。

<バックステージ>

オスプレイ「(ブリティッシュヘビー級のベルトともに、なぜかハンガーも持って引き揚げてくる)座って話していい?(※と言って、腰を落として話し始める)。負けるわけないってわかってた。強い相手であればあるほど、俺は限界を超えられる。もう2度と俺の実力を疑わないでくれ。これからは“GOAT”(GREATEST OF ALL TIME)と呼んでくれよ。“ビリー・ザ・ゴート”だ。俺はブリティッシュヘビー級王者でもあるんだ。忘れないでくれよな。俺は誰が相手でもビビったりしない。俺が最強だって言っても、鼻で笑う人もいるだろう。(※体を横たえて)ル・ポールがこう言ってた。『誰に何を言われても構わない』って。俺は自分が世界最高のレスラーだって信じてる。これを見ているみんなだって否定できないはずだ。

(※仰向けになって、ベッドで寝ている格好をして)ホテルに戻って風呂に浸かりながら、次に何が欲しいか考えるとするか。もう家は2軒持ってるし、車もあるし、ペットの犬もいる。まさにセレブだ。(※上半身を起こしてた上がり、ビデオカメラに顔を近づけて)次の狙いは『G1』制覇。そしてトーキョードームのメインで闘うのさ。それで2冠王になってやる。『2冠王のウィル・オスプレイ』、なんていい響きだ。『G1』覇者、ブリティッシュヘビー王者、そして2冠王者。いやあ、最高だ。イシイサン、アリガトゴザイマシタ。シンゴ、次はコーベでお前が相手だ。コーベは、ドラゴンゲート出身のあいつにとっては庭みたいなものだよな。そこでお前のみじめな姿をさらしてやるよ。そう、2年前の『(BEST OF THE)SUPER Jr.』の時のようにな。期待されて話題を独り占めにしてたシンゴを決勝で俺が倒した。だから言ってるじゃないか、俺こそが世界最高だって。俺は頭ひとつ抜けてる。ドラゴン退治は俺に任せてくれ。俺はあの頃よりもっと強く、大きくなって進化した。お前も良いレスラーだけど、俺には敵わないんだ」

※石井はノーコメントまま控室に向かおうとするも、途中でベンチに顔を突っ伏してしばらく動けなくなる。しばらく時間がたってからゆっくり立ち上がり、ふらふらした足取りで控室へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事