【新日本】掟破りのSANADAに後藤洋央紀が勝利!後藤「俺を突き動かしてるのは悔しさと怒りと夢。それだけ」9.24 G1 CLIMAX 30 Bブロック in 北海道

怒りの荒武者がCold Skullに鉄槌だ。
 
24日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Bブロックを北海きたえーるで開催。後藤洋央紀とSANADAが公式戦でぶつかりあった。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月24日(木) 16:30開場 18:30開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:1,920人
 
後藤洋央紀はKENTAにGAME OVERを食らった右肩にテーピング。ヒップトスから場外に転落した後藤にSANADAは身軽に場外攻撃。場外の鉄柱を背後にしたSANADAに向けてラリアットを繰り出した後藤はSANADAの回避により右腕を鉄柱に激しく打ちつけてしまう。
SANADAは左腕に関節技をかけて叩きつける。さらに猛追攻撃でその場飛びのムーンサルトを着地しての低空ドロップキック。
 
後藤は痛めた右腕で意地のエルボー。さらにバックドロップでSANADAを投げるも腕を気にする後藤。村正からのブルドッキングヘッドロックで反撃する後藤。
SANADAはリープフロッグ2連発からのドロップキックで後藤を場外に出すとプランチャ。
 
ロープの攻防からオコーナーブリッジにいくとみせかけてSkullEndを繰り出すSANADA。
GTRの体勢の後藤をバックにひっくりあがりSkullEndに向かおうとするもそれを切り返す。
 
後藤式やサムソンクラッチと丸め込みの応酬から、SANADAが掟破りの牛殺し。
 
マジックスクリューで後藤を投げとばしてのラウンディングボディープレスを狙うSANADAだったが、後藤にかわされてしまう。後藤も鷹木式GTRをトップロープで敢行。
 
さらにGTW(GTRと牛殺しの合体技)をみまい、ミドルキックから正調のGTRで後藤がSANADAを討ち取った。
 
▼第2試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Bブロック公式戦
〇後藤洋央紀 vs SANADA
(1勝1敗=2点) (2敗=0点)
11分03秒  GTR→片エビ固め
 
 
<バックステージ>

後藤「やっぱり年々、そう簡単には1勝、取れなくなってきてますよ。それはこの体が、一番よくわかってる。でも、そんな俺を突き動かしてるのは、悔しさと、怒りと、夢。それだけだよ」

※SANADAはノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事