【WWE】“忍者”戸澤陽がグラックの裏切りで24/7王座奪還ならず

日本時間929日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

◆“忍者”戸澤陽がグラックの裏切りで24/7王座奪還ならず

“忍者”戸澤陽が王者Rトゥルース、ドリュー・グラックを相手にトリプルスレット24/7王座戦で激突した。

バックステージで王座の奪い合いを展開した3人だったが、試合では戸澤とグラックが共闘。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

序盤から戸澤とグラックがRトゥルースに襲い掛かるとターンバックルに叩きつけて攻め込んだ。

その後はRトゥルースがフォールの取り合いで揉める戸澤とグラックにクローズラインを放つと2人もスープレックスで反撃。

しかし、グラックが突如裏切って戸澤を攻撃すると、捕まえたRトゥルースを必殺のグロックで締め上げたが、ここで戸澤が放ったダイビング・セントーンがグラックにヒットし、辛うじてこれを回避したRトゥルースが戸澤にフェイスバスター、グラックにアティテュード・アジャストメントを決めて3カウント。

戸澤は王座奪還ならず、Rトゥルースが王座防衛に成功した。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事