【新日本】進撃のオスプレイがジェイ・ホワイトに初黒星をつける!オスプレイ「たった今『Jay1 CLIMAX』はキャンセルされた」9.30 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 後楽園

成長著しいアサシンがJ1の勢いを止めて見せた!

30日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの4日目を後楽園ホールで開催。ウィル・オスプレイとジェイ・ホワイトが対戦した。
 
レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月30日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人
 
同世代の外国人対決となったセミファイナル。ジェイはここまで3連勝で「G1ではなくJ1だ」と息巻いている。一方のオスプレイは見事な増量を実現し確かな自信と共に今回のG1を迎えている。ジェイ・ホワイトは声の出せない観客を煽りながら外道とToo Sweetポーズ。
試合開始のゴングと同時に場外にエスケイプするジェイ。ロープ際の攻防でオスプレイが押し込むもジェイは更にエスケイプ。場外に逃げようとするジェイを髪の毛を掴んで逃がさないオスプレイ。怒ったジェイはコーナーでラッシュ。これをオスプレイは逆水平チョップ1発でジェイを張り倒す。
 
「カモン」とチョップをうながすオスプレイ。ジェイもうってこいと誘うもそれはブラフで打撃を繰り出す。オスプレイは打点の高いショルダースルーでジェイを投げ飛ばしドロップキックからハイフライモーション。リングに戻ったジェイを投げ飛ばしニードロップ。
 
ラリアットにきたオスプレイをエプロン際で強引に裏投げし場外に落とすジェイ。場外では鉄柵にオスプレイを打ち付ける。髪の毛を掴んで強引にオスプレイをリングに打ち付け、逆エビ固めで足を痛めつけていくジェイ。
さらにサミングをしながらSTFに展開。
 
ボディスラムでオスプレイを投げつけレッグドロップからグランドでのスリーパーをかけるジェイ。チョップをかわしあい足を叩きつけたジェイ。オスプレイは強烈な逆水平チョップからハンドスプリング式レッグラリアットで逆襲。
 
ジェイはマンハッタンドロップでジェイを叩き伏せその場飛びのムーンサルト。スワンダイブのピッピー・チェリオで追撃する。たまらずジェイは場外に逃げ追いかける。オスプレイに外道がちょっかいを出し、それを気にしてる隙にジェイがDDTでリングに頭を突き刺す。
 
ブレードバスターでオスプレイを投げつける。オスプレイはサマーソルトでジェイを跳ね返すも足の踏ん張りがきかない。コーナーに昇ろうとするやまた外道がちょっかいをだす。オスプレイはピッピ―・チェリオを狙うもジェイはコンプリートショットのカウンター攻撃からフロントジャーマン。
 
ジェイは雪崩式ブレーンバスターを狙うもオスプレイはうまく着地して回避。逆に背後からドロップキックでリング内にジェイを宙づりにする。フロムコーナートゥコーナーを狙うオスプレイだがこれをジェイは場外に回避。するとすかさずサスケスペシャルでオスプレイは撃ち落とす。
リング内に戻ったジェイにファイアーバードスプラッシュで逃がさないオスプレイ。
 
オスカッターを狙うオスプレイの足にしがみつくいかせないジェイ。小馬鹿にしたビンタからの攻防でジェイは裏投げを決める。
さらにキーウィ―クラッシャーを決めて首をかっきるジェイ。
 
ブレードランナーの体勢に向かうジェイをぶっこ抜きライガーボムのオスプレイ。3度目のオスカッター狙いは防がれるもさらにロープに走って4度目の正直のオスカッターを決める。オスプレイはひじのサポーターを絞りヒドゥン・ブレイドを狙うもジェイは前のめりに倒れてそれを許さない。
 
オスプレイはストーム・ブレイカーを狙うがジェイはレフェリーに足を絡めてそれをさせず。その隙にメリケンサックを手にした外道が介入するもオスプレイはその手をつかんでローリングエルボーで返り討ち。
 
ジェイはローブローを狙うもこれもオスプレイは掴んでかわす。
 
SSSを狙うジェイにローリングエルボーでオスプレイは打ち勝ちヒドゥン・ブレイドを決める。
 
最後はストーム・ブレイカーを完璧に決めて確かな成長を刻んだオスプレイがジェイホワイトに遂に土をつけた。
 
▼第5試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇ウィル・オスプレイ vs ジェイ・ホワイト✖
(3勝1敗=6点) (3勝1敗=6点)
18分46秒  ストームブレイカー→片エビ固め
 
 
<バックステージ>

オスプレイ「速報だ。たった今『Jay1 CLIMAX』はキャンセルされた。何故ならたった今あいつは世界最高のレスラーであるウィル・オスプレイと闘い、敗れた。やっぱり誰も俺の力を止められない。ジェイ、お前の実力は認めてる。この2年でヘビー級のシングルのベルトを3つも巻いてきた。素晴らしい偉業だ。でもどうやらお前はここにきて壁にぶつかってしまったようだ。パワーもスピードもカリスマ性もある俺という存在がお前の前に立ちはだかっている。俺は史上最高のレスラーだ。この“BILLY GOAT”が『G1』を制覇する。こないだも言った通り前回は少し躓いただけだ。よし、これで6点。それで次は誰か? おっ、神に選ばれた天才こと飯伏か。俺の大事な友達。(日本語で)トモダチ。イケメンの飯伏、大好きな奴だ。でも俺は飯伏に去年の『G1』の借りを返さないといけない。2年前の東京ドームの試合で飯伏は俺の技を喰らって脳震盪を起こし、しばらく欠場した。でもプロレスに怪我は付き物だろ。ここでまた飯伏を完膚なきまでぶちのめして勝利を取ってやる。去年の借りを返す時がきた。じゃあみんな、また」

※ジェイはノーコメント

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事