【wave】炎華デビューから1年:プロレスラーになるための大学受験、田中きずながモチベーション

【WEEKEND女子プロレス♯9】


写真:新井宏

 デビューから1年、プロレスリングwaveの未来を担うマスクウーマン炎華は、田中きずなと同期である。両親がプロレスラーのきずなに何かと注目が集まるのは仕方のないところだが、「一般人」からデビューしたとはいえ、対照的な反面、炎華にはきずなとの共通点が意外と多い。同世代で身長体重もほぼ同じ。父が田中稔で母が府川唯未というきずなが物心ついたときからプロレスに囲まれていたのは当然としても、実は炎華も生まれたときからプロレスがそばにある環境に育っていたという。

「伯父さんがプロレスファンで、一緒について見に行かせてもらっていました。それこそ物心ついたときには、当たり前のようにプロレスを見ていましたね。叔父さんはプロレス全般を見ていたけど、おもに女子が多かったみたいです。後楽園や新宿によく観戦に行きました。OZアカデミーやwaveが多かったですね。選手の方とチェキを撮らせてもらって、一番古いのが2歳の頃です。加藤園子さん、永島千佳世さんと一緒に写っているのもあります。具体的には、2012年(11・4新宿FACE)にあった(AKINO&栗原あゆみ&飯田美花主催)『秋の栗ご飯興行』が記憶にありますね」


写真:新井宏

 頻繁に女子プロレスを生観戦していた彼女。そんな彼女がプロレスラーになりたいと思ったのは、waveの18年5・4後楽園ホールだった。

「飯田さんの引退試合とCatch the waveの決勝戦があった日です。飯田さんは第1試合にも出て長浜浩江さんとシングルをしていました。キャッチの決勝戦は山下りなさんと浜田文子さん。その大会の盛り上がりとかがすごくて、みんながキラキラして見えて、会場の一体感とか選手のカッコよさから、その瞬間にプロレスやりたい!と思ったんですよね。それまではやりたいなんて思うこと全然なかったのに、なぜかこの瞬間にそう思ったんです。それまで叔父さんや顔見知りになった選手から『やらないの?』って聞かれたこともありました。もともと幼稚園の先生にずっとなりたくて、怖いし、痛いのはイヤですって言ってましたね。それがなぜか、いつも見に行っていたプロレスなのに、この瞬間にやりたいって思ったんです」

 レスラーになりたいとの思いをすぐに家族に打ち明けた。だが、あえなく却下されてしまう。当時はまだ学生の身。当然、家族は心配する。

「自分では高校生になったら団体に入ると勝手に決めてたんですけど、親に怒られてしまって…。おじいちゃん、おばあちゃんにも『やめなさい』と言われてしまいました。高校生になったと同時にもう一度言ったんですけど、またダメで、『高校を卒業して大学にも行きなさい』と言われてしまって。それでも、高校を卒業したら勝手にやろうと思ってましたけど」
プロレスラーになる夢をあきらめきれなかった彼女は部活に加え、ひそかにトレーニングを開始した。

「もともと中学から6年間はバスケットボールをやっていて、バスケを通じて基礎的な体力をつけておこうと思いました。ほかに自分で筋トレやランニングをしていましたね。もちろん、プロレスラーになることを意識してです」


写真:新井宏

 そして22年8月、彼女はwaveの練習に参加する。

「waveを選んだ理由は数えきれないくらいあります(笑)。大きく分けてふたつに絞るとすれば、ひとつは、ずっとあこがれて大好きだったHIRO’eさんのいる団体。もうひとつは、ハードコアとかコミカルとか、マルチなスタイルをやっているイメージがあったので、いろんなことをやってるwaveがいいなと思って選びました」

 だが、そのときの練習はその日限り。そのまま順調に入団できたわけではなかった。彼女はある条件をクリアーしてからでないとプロレスをやらせてもらえなかったのである。

「4年制の大学卒業が、家族から出された条件でした。練習させてもらうのも、まずは大学に合格しないとプロレスをやらせてもらえなかったんです。それで大学受験をすることにしたんですけど、私は受験を早く終わらせたくて指定校推薦を使いました。それで一発で合格して、12月1日に結果が出たので、そこからwaveの練習生になったんです」

 


写真:新井宏

 23年1月、正式に練習生となった。大学合格によって本格的にレスラーへの道がスタートしたのである。プロレスラーになるための大学受験。そこにはもうひとつのモチベーションがあった。同期きずなの存在である。話は22年8月、夏休みを使って初めて練習に参加した日にさかのぼる。

「自分はwaveが好きで、GAMIさんにも『waveに入りたい入りたい』とずっとお伝えしていたんですね。そこから一度練習に参加したんですが、このときに初めてきずなに会ったんですよ。きずなのことは知ってました。きずなが入門するという会見(22年4月14日)を見てましたから。私、その時点でクソー!ってなったんです。自分なんて全然一般人ですけど、悔しいと思っちゃって。しかも、かわいいですし(苦笑)。ホンモノを見て、かわいい!が第一印象でした。そのとき同い年だとも知ったんですけど、練習に対する熱量とかマジメさとか、ハキハキしてる受け答えとかに圧倒された自分がいて、実際、最初は嫉妬もありました。そこで自分もがんばらなきゃと思いましたね。その日、練習終わってから一緒に帰ったんですよ。一緒に写真撮ったりとか、『仲良くなれたらうれしいですね』ってお互いが敬語で話して、かわいいなと思いながらもLINE交換して徐々に話すようになって、そこから何回か遊んだりもしました。そのときに自分が受験合格したら一緒にプロレスができるという話をしたら、きずなもそう思ってくれてて、それが受験のモチベーションになったりしました。なので、きずなに感謝ですね(笑)」


写真提供:プロレスリングwave

 そして2人は、waveで練習をともにする。まずは23年2月5日、きずなが公開プロテストで合格。このときの様子を彼女は会場の片隅から見守っていた。

「自分が受験の期間もずっとがんばってたきずなの努力を知っていたり聞いたりもしていたので、合格になったときは自分もうれしくて、号泣しながら見てました」

 その後、3月1日には彼女もプロテストに合格。リングネームは炎華となった。これは自分自身でつけたリングネーム。マスクは予想外だったが、あこがれのHIRO’eを受け継ぐように、イメージカラーがオレンジとなった。

そして、4・2新宿できずなと炎華が同時デビュー。しかも両者によるシングルマッチだ。そのうえ、あとから入門の炎華が勝利。両親の遺伝子を引き継ぐ2世レスラーからの白星だけに、大きなインパクトを残した初勝利と言っていい。

「勝ったのも自分でビックリというか、勝ってうれしいし練習してきた技で決められたのもうれしかったですけど、一番はホッとしたというか、悔しい部分もたくさんありながら、プロレスラーになれたうれしさがありましたね」


写真提供:プロレスリングwave

 きずなとは切磋琢磨する関係になった。組んでは12・24川崎でwave認定タッグ王座もゲットし初戴冠。一度も防衛することなく手放してしまったものの、きずな&炎華のチームでもう一度手に入れるという目標ができたのだ。そして、先日の4・3新宿でデビュー1年。Marvelous桃野美桜とのシングルマッチは、初マットから86戦目。1年で86試合は、なかなかのペースと言えそうだ。

「え、そんなにやってるんですか!? うれしい! デビューしたての頃はプロレスってこんなにも大変なんだとか、試合って見てわかる通り痛いんですよ(苦笑)。でも、この一年間でたくさんいろんな経験をさせていただいて、いまでもいっぱいいっぱいですけど、そのなかでさらにプロレスってすごいと思えたし、プロレスがもっと大好きになりました。いま、プロレスが楽しい!と心の底から思えてる状態です」


写真提供:プロレスリングwave

 プロレスラーになって一年。大学生との掛け持ちで、学校から試合会場へというケースも多い。それでも炎華はきついスケジュールも意気に感じて学業とプロレスを両立、継続させている。4年制の大学卒業がプロレス活動の条件。これをクリアーできれば親との約束を果たせ、大好きなプロレスに集中できるのだ。

「学業では卒業が課題です。プロレスでの課題は、基礎をしっかり身につけることですね。自分はルチャ系の技にあこがれがあるんですけど、これをやるにもマルチなスタイルをやるにも、まずは基礎をしっかりさせないといけないという気持ちが大きいです」

5・5後楽園では恒例のシングルリーグ戦「Catch the wave」が開幕。若手レスラーからなるヤングブロックもあり、もちろん炎華もエントリーされている。

「今回はスターダムさんから八神蘭奈選手が参戦されるというので楽しみです。楽しみというか、自分はヤングブロックの優勝を狙うつもりでいるので、一年間通してやってきたことすべてをぶつけて、同世代をどんどん倒していきたいなって思ってます!」 


写真:新井宏

 比較対象にされがちなきずなには、シングルで2戦2勝。今回はきずなが体調不良のためリーグ戦は不参加となるが、そのぶんまで炎華の健闘が期待される。2人は対照的でありながら共通点も多い。素顔とマスクが対照的であることの象徴だ。当初は「素顔でデビューしたかった」という炎華だが、マスクウーマンであることで、きずなへの視線を自分に向けさせることができるのではないか。

「自分は素顔がよかったです。会場入りするときに帽子を深く被ってないといけないし、化粧も髪も崩れるし、きずなのとなりを普通に歩きたいし、不便だなあと思うことが多かったですね。なので、最初は(いずれ)脱ぐ気でいたんですよ。でも、いまはもうマスクを取る気はないですね。『マスクだから気になって見に来ました』とか、マスク関連で応援してくださる方もいます。なので、覆面被ってた方がカッコいいんじゃないかなって思えるようになって、もうマスクは脱がないです、脱ぎたくないです!(将来は)わかんないけど(笑)」

インタビュアー:新井宏

▼炎華写真ギャラリー(写真:新井宏)

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加