【プロレス日記】未知の部分。

【14日目】

 

みなさま、ご機嫌いかがでしょうか?

青木泰寛(セイシュン•ダーツ)です。

 

1月7日(土)に私は高島平駅に降り立ちました。はじめて下車する駅は不安と期待の半々でございます。

 

目的はもちろん『世界プロレス協会』を観戦するためです。

 

『世界プロレス協会』とはミス•モンゴル選手がユニットとして作ったのが始まりでしたが、2013年の大晦日に団体として旗揚げした立派な団体であります。

 

その3周年記念興行を観に高島平に来たのであります。

 

場所は高島平区民会館。

駅から歩いて5分程で会場に到着しました。とにかく着いて驚きました。

img_20170107_184041_009

 

最前列ではないですか!

 

僕の目的は一つ。

 

メインイベントのミス•モンゴル対KENSO選手の試合。

 

KENSO選手といえば、新日本プロレスでデビューをしWWEでも成功した世界的レスラーの一人。

 

しかもルールがハーブドワイヤーデスマッチ!!

 

年明けから狂っております(笑)

 

KENSO選手が入場してきます。

会場は大盛り上がり!

 

dsc_2943

 

さすが、様々な団体を渡り歩いたレスラー。

 

img_20170108_045541877

 

試合も真っ向勝負で向かってくるミス•モンゴル選手を正面から受け止め強烈なビンタをおみまいして、観客からはブーイングの嵐。

 

そんなブーイングも気にせずきっちりと勝利をしたKENSO選手。

 

ボロボロになりながらも向かってくミス•モンゴル選手に場内からは大きな拍手が送られてました。

 

こんな個性的な団体あるでしょうか?

これから4年目、5年目、10年目とどんどん大きくなって欲しいと思いました。

 

日本には様々なプロレス団体があります。

普段とは違った団体を観に行くのも様々な発見があり、それもプロレスを楽しむ醍醐味だと改めて感じました。

 

みなさんも、様々なプロレスを見て幅を拡げていきましょう。

 

最後に。

 

dsc_2927

 

松山勘十郎選手が僕と同い年なのに心底驚きましたとさ(笑)

 

おしまい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事