【DDT】クリス・ブルックスが吉村直巳を破りUNIVERSAL王座V2!上野勇希が11・3大田区で挑戦

DDT UNIVERSAL王者のクリス・ブルックスが吉村直巳を下して、同王座2度目の防衛に成功。DDTプロレス、今年最後のビッグマッチとなる11月3日の東京・大田区総合体育館で上野勇希が挑戦することが決まった。

DDTは10日、無観客による「DDT TV SHOW! #9」(DDT TV SHOWスタジオ)を開催。試合のもようは、動画配信サイト「WRESTLE UNIVERSE」で放送された。

メインイベントでは、UNIVERSAL王座戦が行われ、9月27日の東京・後楽園ホール大会でのKO-Dタッグ選手権戦で、クリスからピンフォールを奪った吉村がチャレンジした。

試合は腕の取り合い、ショルダータックルの応酬で開戦。クリスが腕固め、オクトパスストレッチなどで攻め立てると、吉村はショルダータックル、串刺しラリアットなでで応戦。その後、吉村のエルボーと、クリスのチョップの激しい打ち合いになった。一歩も引かない吉村は払い腰から投げ捨てパワーボムを決めるもカウントは2。

これを返したクリスはグラウンドでのオクトパスストレッチから、足も極めた変型オクトパスストレッチで絞め上げて勝利を奪った。

試合後、クリスはなおも吉村を蹴り飛ばし、タッグパートナーの上野が救出に入った。上野は吉村の仇討ちの意向を表明し、今林久弥アシスタントプロデューサーが11・3大田区でのタイトル戦決定をアナウンス。すると、クリスはオクトパスストレッチを仕掛けて、上野を挑発した。

クリスは「ヨシムラ? 何も問題ない。楽勝だった。前回(9・27後楽園)は幸運で勝っただけ。もう1回、(タッグ王座に)挑戦すれば勝てる。汗もかかずに防衛した。ウエノはいいと思うし、試合をしたいと思う。8カ月前から、ずっとDDTにいて、いいフレンド。俺はどこのユニットにも所属してないが、彼らは誘ってくれればいい。なぜ『ディザスター・ボックス』に誘ってくれない? ヒラタ(平田一喜)やオオワシ(大鷲透)は、もう若くない。俺を入れた方がいいんじゃない」と余裕の表情を見せた。

上野は「チャンスは巡ってくるな。シングル(王座)のチャンスもある。我々、(10・25後楽園で)タッグ、6人タッグのタイトル戦も控えてる。吉村君の代わりなんて言わない。UNIVERSALのベルト、プライドをもって闘いたい」と決意表明。

王座奪取がならなかった吉村は「負けました。最初からずっとバカにして。直接対決で1勝1敗。いつでもリベンジさせてもらえるようがんばります」と前を向いた。

DDT TV SHOW!#9
【日時】2020年10月10日(土)
【会場】DDT TV SHOWスタジオ

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○樋口和貞 vs 納谷幸男●
6分45秒 片エビ固め
※ラリアット

▼第二試合 人望デスマッチ 30分一本勝負
×男色ディーノ vs 高木三四郎×
8分0秒くらい 無効試合
※収拾つかず→彰人副社長裁定

▼第三試合 30分一本勝負
○竹下幸之介&黒潮“イケメン”二郎 vs 彰人&勝俣瞬馬●
13分56秒 誇張しすぎたスクールボーイ

▼セミファイナル 準烈vsDISASTER BOX! 30分一本勝負
秋山準&大石真翔&●岡谷英樹 vs HARASHIMA&上野勇希&平田一喜○
9分54秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め

▼メインイベント DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○クリス・ブルックス vs 吉村直巳●<挑戦者>
13分45秒 変形オクトパスストレッチ
※第3代王者が2度目の防衛に成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事