【世志琥インタビュー】ストレス解消はスイーツ作り!Sareeeや岩谷麻優、飯伏幸太との関係にも言及!極上で究極のレシピ本「世志琥の極上スイーツを作りやがれ!」発売記念

SEAdLINNNGのBEYOND THE SEA SINGLE王者の世志琥選手。リング上での激しいファイトとSNSでみせる可愛いスイーツ作りのギャップで人気に火が付き、TwitterやTikTokで圧倒的な数のフォロワーを得てTV出演も相次いでいる。この度そんな世志琥選手が「世志琥の極上スイーツを作りやがれ!」を発売。この本の出版に際してプロレスTODAYでインタビューを実施。スイーツ作りのきっかけや気になるあの選手との関係、プライベート等に迫った。

◆本の見所とスイーツ作りについて◆

――今回の本、世志琥選手のイメージと可愛いスイーツのギャップに皆さん驚かれたと思います。ご自身を分析してどんな女性だと思われますか?

世志琥「ナチュラルにプロレスもやってます。ヒールでもベビーでもなく、常にこのままなんですよね」

――料理中は乙女な一面も見せてます。趣味に没頭するタイプですか?

世志琥「そうですね。凄く熱しやすいです」

――熱しやすく冷めにくい?

世志琥「ものにもよりますけど、冷めやすい…」

――冷めやすい?でもスイーツに関しては?

世志琥「スイーツ作りに関してはずっと熱してます。」

――どれくらい前からやり始めたんですか?

世志琥「本格的にやりだしたのは中学生の頃から。料理系は小学生のころからやってました」

――作るのが昔から好きだったんですか?

世志琥「好きですね。レシピ本とか見てると自分も作りたくなるんですよ。『自分もできそう』『自分もやってみたい』『食べてみたい』『作りたい』ってなっちゃうんですよね」

――一番最初はどこからその気持ちが沸き上がったんですか?

世志琥「お母さんが料理をよくしていたのでそこからだと思います」

――作り方を教わったのもお母さんから?

世志琥「お母さんからです」

――こうやってやるんだよって?で目覚めてふるまっていくと?

世志琥「まさにそうですね」

――乙女(笑)

世志琥「乙女ですか?(笑)結構、一般的な感じかなと思ったんですけど、違うんですかね?」

――続く人と続かない人がいると思うんですよ。今までずっと続いているじゃないですか?

世志琥「はい」

――料理人になろうと思ったことはないんですか?

世志琥「少しだけ意識はありましたけど、それよりも先にプロレスラーになったので。料理人になるまでの気持ちはなかったです。趣味の範囲で作って…」

◆SNSでの人気とオススメレシピ◆

――その趣味がこんなに多くの人に知られるようになっているのは本当に凄いと思います。日本の女子プロレスラーの中でTikTokのフォロワーも一番多いですよね?こんなに増えると思いましたか?

世志琥「全く思わないですよ。始めた時にTikTokにこんなに影響力があるって知らなかったですし…SNS自体、凄い苦手な分野だったので」

――そうですか。プロレスのリングの上では自己表現が得意だけど、違う部分での気持ちの表現はあまり解放されてなかった?

世志琥「SNSで発信するというのが苦手で…」

――でも今回一つの殻を破ったと思うんですよね。リング上の世志琥選手とプライベートの世志琥選手のギャップが周りに受けて。ヒールでもベビーでもないというところでイメージのギャップがでるのは怖くなかったですか?

世志琥「全然ないですね。趣味でやってることをただ出した。これも自分なんですよ」

――なるほど。(本を開きながら)私も拝見して、スイカのフルーツゼリーとか美味しそうですよね。バスクチーズケーキもいいですね。これはうまそうだなって思って…ここを見て欲しいっていう見所はありますか?

世志琥「おすすめレシピは何ですか?って聞かれると本当に全部おすすめで。この本に関しては簡単・おいしい・かわいいの3拍子が揃ったモノが揃ってます」

――終わりに書かれている「作って楽しい」「見てかわいい!」「食べてうめぇ!」というのがうまいなと思いました。

世志琥「女子プロレスラーのスイーツ本(笑)」

――ある意味、究極のレシピ本ですね

世志琥「究極ですね。極上で究極です」

――TV出演も含めてここまで来ちゃったんだなと単純に凄いなと思いました。

世志琥「自分もびっくりですね。レシピ本出すまでになるとは想像もしてなかったので、びっくりしてます。」

――ある意味スイーツの先生ですね?(笑)Sareee選手あたり弟子に迎えて、スパルタ教育を…

世志琥「会費貰わないと(笑)」

――SNSでこれだけ爆発的な反響を得ていることに関してはどの様に感じてますか?

世志琥「自分的にはチャンスとしか思ってなくて。本当にこんなに爆上がりすることって中々ないと思うんですよ。このフォロワーさんを動画だけじゃなくて、そこからどうプロレスにつなげていくかというのが課題だと思ってます」

――リング上でいい影響ってありますか?

世志琥「プロレスの会場に見に来てくださる方はいらっしゃいますね」

――その実感ってあります?

世志琥「自分をTikTokで知ったという人が来てくれることは多くなりました」

@sead_yoshiko

カレーパン作ってみたぞこの野郎🍛🔥##簡単レシピ ##tiktok料理

♬ オリジナル楽曲 – ️️️田舎のJK(17)

――コロナ禍もあるので体感をするのはまだまだこれからかもしれませんね

世志琥「そうですね。」

――なんらかの形でプロレスを知ってもらいたいというのはありますよね?

世志琥「そうですね。それが自分の課題でもあるし、今度はこのレシピ本も出したのでそこを考えていかなきゃと思いますね」

――きっかけとしてはイメージとギャップと語り方とがそれぞれマッチしていてとても良いと思います

世志琥「ありがとうございます」

次ページ、世志琥をプロデュースしたSNS師匠について語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3 4