【新日本】鷹木式タイチ式外道クラッチにタイチ式ラスト・オブ・ザ・ドラゴン!互いの技合戦をタイチが制す!タイチ「残念だったな、高木ブー」10.13 G1 CLIMAX 30 Aブロック in 浜松

13日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの8日目を浜松アリーナで開催。鷹木信悟とタイチの激しい互いの技合戦が展開された。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月13日(火) 16:30開場 18:30開始
会場:静岡・浜松アリーナ
観衆:1,372人

この日もタイチは一人で入場。映像で見守り続けているディーバ・あべみほは勝ち越しをかけたこの一戦をどんな思いでいるのか?

試合前からコメント・SNSを通じて互いを「パクリしてばかり」と非難しあってきた両者の戦い。タイチは「高木ブー」と試合中にもののしりながらの試合展開。

タイチはコーナーで強烈な蹴りを鷹木の側頭部に見舞う

デンジャラスバックドロップを鷹木にみまうタイチ

鷹木式タイチ式外道クラッチが登場。3人の名前が入った技にオリジナルが何なのかわかりづらい…

鷹木のMADE IN JAPANが炸裂

アックスボンバーとパンピングボンバーの戦いは勢いに勝る鷹木のパンピングが打ち勝つ

タイチはなんと鷹木のフィニッシュホールドをタイチ式ラスト・オブ・ザ・ドラゴンとして繰り出す。

本家(?)のタイチ式外道クラッチを鷹木にみまう

タイチの天翔十字鳳が鷹木に炸裂

最後はブラックメフィストでタイチが勝負を決めた。

▼第4試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
✖鷹木信悟 vs タイチ〇
(3勝5敗=6点) (4勝4敗=8点)
16分21秒  ブラックメフィスト→片エビ固め

勝ったタイチはそんきょの姿勢で懸賞金(?)のIWGPタッグベルトを受け取る。果たして最終戦を勝利して勝ち越しなるか?番付をあげるためにも重要な最終戦となりそうだ。

<バックステージ>

タイチ「残念だったな、高木ブー。(記者とTVカメラマンを見て)何だお前ら、高木ブーみたいなのが2人もいるじゃねえか。向こう側の誰かにいじられてたな、デブがいっぱいいるって。お前らのことか? 高木ブーが2人もいるじゃねえかよ。高木ブー……人の技パクって、それに頼っているようじゃまだまだだ(ニヤリ)。何が鷹木式だ。そんなもん俺には通用しねえんだよ。今日の試合、俺のほうが一枚上手だったようだな。いや、一枚、二枚、三枚上手だったようだな。残念だったな、高木ブー。でも、お前の外道クラッチ、効いたよ。あれが一番効いたよ。もうちょっと練習してみろ。上手くなんじゃねえか?4敗……もうどうせねえんだろ、千秋楽?(記者たちのほうを見て)千秋楽の望みはねえんだろ?ないんだな、高木ブーども。まあいい。あとは関取に一番大事な勝ち越しに王手だ。と同時に、負け越しにも。7勝7敗、土俵際。そして、最後、両国国技館。関取の俺は両国国技館で、支度部屋でしっかり四股と鉄砲をして出てってやる。(一度戻りかけたが、思い出したように引き返してきて)おっ、そうだ。この間、ザックが勝ちを俺に捧げるって言ってたな。じゃあ、今日の勝ちは相方、ザックに捧げよう。ザック、悪いな。決勝には行けなくなっちまった。まあ、また最終日に会おうぜ」

鷹木「やられたよ。タイチの陽動作戦にまんまとやられたよ。本当にあいつ、曲者すぎるな。ああ、これで俺の秋は終わったのか? 俺の『G1』は終わったのか? 確かに決勝に行くチャンスはほぼゼロだろう。でも、終わりじゃねえ!あと一つ、肝心な試合が残ってるだろう。両国で鈴木みのる。俺は8.29神宮で惨敗したあのことを忘れたことないから。常に胸に置いていた。まあ、『G1』始まって今日の対戦が終わるまでは、鈴木みのるを忘れようと思ったけど、今もそうだ、あいつのテーマ曲が鳴ったら、憤りが半端ねえよ。このまま終わったら本当に悔しくて、忘れられねえ秋になっちまうから、なんとしても最後有終の美を飾るぞ。鈴木みのる……最後に!大仕事してやろうじゃねえか。あの憎き鈴木みのる! おい、3つ奪ってやるよ」

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事