【プロレスTODAY増刊号】<大山峻護インタビュー>「心が強くなるストレッチ」・「ファイトネス」著書2冊を連続発売!1度だけのプロレス挑戦とセカンドキャリア

プロレスTODAY編集部に元格闘家で現在企業研修トレーナーである大山峻護氏が来社。

明治大学法学部教授の堀田秀吾氏と共著となる「科学的に証明された 心が強くなるストレッチ」、そして自身の著書である「ビジネスエリートがやっているファイトネス」の出版に至る経緯や本に込めた思いを語った。

コロナ禍の現在だからこそ格闘技人生でボロボロに傷付きながらも常に戦ってきた来た大山氏の経験や、挫折からの乗り越え方などが読者の役に立つのかもしれないと著者は語る。

そして過去に1度だけDDTプロレスリングでプロレスに挑戦した経緯や、セカンドキャリアについて全3回に分けてインタビューを実施。

▼【大山峻護インタビュー①】著書「心が強くなるストレッチ」に込めた思いを語る<プロレスTODAY増刊号>

「心が強くなるストレッチ」アスコム (2020/7/23発売)

<出版に至る経緯>

企業研修トレーナーになって元気がない社会人が多いと感じたのが4年前。

その時に感じたのが筋肉に効かせるエクササイズの本は沢山あるが、心に効かせるエクササイズの本は無かったので出版したいと思った。

PRIDE時代セコンドについてくれた中学時代の同級生で今は亡き友人から「大山、上を向け、心と体は繋がっているんだ、上を向くと人の心はオンになる。下を向くと人の心はオフになる。お前はいつも下ばっかり向いている。上を見るんだ!」という言葉がキッカケになって、そこから体の状態をすごく意識するようになった。

本当は4年前に出したかったが、エビデンスがあった方がいいと思ったので明治大学法学部教授の堀田先生に協力して頂いて今に至った。

山口「失恋にも役立ちますか?」

大山「体の状態も落ちて心の状態も落ちた状態ではネガティブな結果が生まれる、ポジティブな結果が欲しい場合はポジティブな体の使い方、ポジティブな心、アクションを起こした方が効率はイイ。仕事もコミュニケーションも恋愛も。結果人生も豊かになる。」

「心が強くなるストレッチ」アスコム (2020/7/23発売)
 
科学的に証明された 心が強くなるストレッチ

心理学や脳科学の研究によると、心を強くするには、実は、体を動かすのが断然効果的だということがわかってきています。
なぜなら、心と体はつながっているからです。
科学的に効果が認められた「心が強くなるストレッチ」で、心と体を鍛えましょう!

「心が強くなるストレッチ」は、こんなときに効きます!
〇やる気のスイッチを入れて、気分を上げたいとき
〇イライラ、もやもや…ストレスがたまっているとき
〇ボコボコにへこんだ気持ちを切り替えたいとき
〇気が散って集中できないとき


― 目次 ―
1 なぜ体を動かせばメンタルが強くなるのか
2 やる気のスイッチを入れて、気分を上げるストレッチ
3 イライラ、もやもや…ストレスを解消するストレッチ
4 ボコボコにへこんで沈んだ気持ちを切り替えるストレッチ
5 緊張をほぐし、リラックスするストレッチ
6 集中力を高めるストレッチ

➡次ページ【大山峻護インタビュー②】著書「ビジネスエリートがやっているファイトネス」に込めた思いを語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3