【GLEAT】新団体プレ旗揚げ戦開催!試合前に田村がスパーリング披露、NOSAWA論外がまさかの離脱、メインは“野獣”藤田が秋山相手に敵意ムキ出し!!

リデットエンターテインメントは15日、プロレス団体「GLEAT(グレイト)」のプレ旗揚げ戦を東京・後楽園ホール大会で行った。

「GLEAT」は役員としてExecutive Director・田村潔司、Chief Strategy Officer・NOSAWA論外、Chief Technical Officer・カズ・ハヤシ、Observer・長州力が務め、WRESTLE-1出身の伊藤貴則と渡辺壮馬が所属選手。

試合開始前に田村潔司が渡辺壮馬を相手にスパーリング、それは観客が入場してからも行われた。

また新団体旗揚げでよく見られるような代表者の挨拶はなく、VTRが流れ試合開始。

ゲスト解説には長州力が登場。

各試合結果は以下の通り。

新団体プレ旗揚げ
『GLEAT Ver.0』
日時:2020年10月15日19:00開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:612人

▼第1試合 GLEATシングルマッチ 30分1本勝負
○カズ・ハヤシ
(7分0秒、超高校級ラ・マヒストラルを切り返して→片エビ固め)
NOSAWA論外●

試合後のバックステージでNOSAWA論外が離脱を表明。(詳細は別ページにて

▼第2試合 UWFルール~ダブルバウト 30分1本勝負 
○船木誠勝&田中稔
(10分33秒、スリーパーホールド)
伊藤貴則●&大久保一樹

▼第3試合 UWFルール 30分1本勝負
○朱里
(11分54秒、スリーパーホールド)
優宇●

▼第4試合 メインイベント~GLEATシングルマッチ 30分1本勝負
○拳王
(16分21秒、アキレス腱固め)
渡辺壮馬●

試合前に現K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者である武尊が渡辺壮馬の激励に駆け付けた。

田村潔司と共にリングサイドで激闘を見守る。

 

▼第5試合 スーパードリームマッチ~GLEAT6人タッグマッチ 60分1本勝負
杉浦貴&○藤田和之&ケンドー・カシン
(19分45秒、パワーボム→エビ固め)
秋山準&関本大介&谷口周平●

カシン「抹殺しろっていったろ!」

藤田「えっ誰が」

カシン「オレが。秋山を抹殺しろって」

藤田「次あるの?」

カシン「次はストリートファイトクラブ」

藤田「何。呼ばれたから来ただけ。最初で最後だろ?なんかあんの?」

ーー秋山選手とやってみてどうでしたか?

藤田「ヘコだろ。ヘコが逆立ちしたってヘコだよ。何かある?」

杉浦「ない」

藤田「ない?一回ぶっ壊れればいい!ぶっ壊してやるよ、最初から。終わりだ終わり、作り直せよ!」

関本「すいません。いろいろすいません。またやってしまいました。つい」

秋山「相手をバン!ってやればいいだけだから。相手をバン!ってやったら俺が投げるから。俺ごと投げなくていいから。ずっと前から何回も言ってるだろ」

関本「すいません。思い出しちゃって」

秋山「思い出すのは注意されたことをまず思い出すんだよ。やることを思い出すんじゃなくて…」

ーー藤田選手と初めてやってみてどうでしたか?

秋山「まぁ、圧力もあるし雰囲気もあるし、顔もデカイし。ゴリラだな。あれは」

関本「怪物っす」

秋山「あれはシルバーバックくらいのゴリラだろ、あれ。見てみろよ、多分あいつ背中シルバーに光ってるぞ。今日は人間としてだったけど、最後のここ(ほほ辺りを触って)への蹴り、忘れないから。あんな全然見てないところからいきなりやられて、そんなやつなの?真っ正面から来る人間じゃないの?見てないところから来るやつなの?アイツ。」

ーーいつでもやると言っていましたが?

秋山「点になるのか線になるのか、GLEAT次第。まぁ俺もDDTに移籍して、レンタル移籍という形だけど、次11月3日(大田区)あるんで。まぁとりあえずこれはここで終わり。もうこれ以上は聞かれても俺は11月3日に集中する。またその後にどうなるかわかんない。でもとりあえず、点じゃなかったのは確かだな。ね?」

関本「はい!」

秋山「あなたも俺をぶん投げたから点じゃないでしょ。完全に」

関本「点じゃないっす。すいません」

秋山「相手のパワーをダウンさせたら俺が投げれるから。腰落としてるところを君がバン!てやってくれれば、腰上がるから。そしたら俺が投げれるから。力あるから一緒に投げるからね」

関本「投げたくなっちゃいます」

秋山「それはダメ。そんなこと言ってたらGLEATにまたやられるから」

関本「またお願いします。ありがとうございました」

秋山「ありがとうございました」

関本「まぁ、ああやって言ってますけど、オレは今日あれができて最高に気持ちよかったっす。最高に気持ちよかったっす。藤田選手とは一瞬しか触れなかったっすけど、点を線にしてまたGLEAT参戦したいです。ありがとうございました」

ーープレ旗揚げ戦を終えての率直な感想はいかがですか?

田村「疲れましたね。結構運営側というかどんな感じになっていくかなっていう不安とかもあって。まぁ選手が一番頑張っていただいたとは思うんですけど。ボクはUWFを担当してますので、結構感触は僕自身ですけどつかめたかなって感じなので。これをオーナーと相談しながら続けていくことが大切なのかなって思って。まぁこの状況なので、ファンの方の声援などはあまり大きな声で声援できないってことだったので、ちょっとコロナが落ち着いて声援を送れるようになったときに、どういう反応とかが凄くダイレクトに伝わってくると思うので。そういうところも楽しみにしながら、今日はは僕久しぶりにUWFの試合を拝見させてもらって。凄くよかったと思います。ちょっと気の利いたコメントがないですけど。大丈夫ですか?」

ーー具体的にはどうよかったですか?

田村「女子の朱里選手と優宇選手の一部。優宇選手の払い腰だったり、タッグマッチの方は船木さんと伊藤の後半ですかね。掌底というか張り手合戦。まぁもう少し、欲を言えば技術の攻防があればよかったなと。まぁこれは欲を言えばなんで、いまは全然楽しませていただいたので。全く僕としては満足です。

ーー所属の渡辺選手のファイトはどうでしたか?

田村「そっちどうかな…まだまだ磨くところがたくさんあると思うので、例えば長州さんのストンピングと(渡辺)壮馬のストンピングの仕方っていうと雲泥の差があるので、そういうところも長州さんのビデオとか映像見て自分自身で成長していかなきゃいけないと思うので。そこは僕はこういうふうに見ましたけど、自分で成長してって欲しいなと思います。

ーー教え子2人はリング上で教えたことを出していたか?

田村「いやいや、まだですね。僕まだ教えてないんですよ。教えている段階というか、基礎体力をまずやらせていて。技術的にはスパーリングは数回はやりましたけど。技術的にはたくさん教えることはありますし、あとは技術がなくても感情で伝えることってできると思うので、そういうところも、そういうところは教えにくいんですけど、うーん僕ができる範囲、気づいたときにはヒントを与えて、宿題ねっていう感じで成長していってもらえたらなって思います。」

ーー開場時に観客の前で渡辺とスパーリングをしていましたが? 

田村「そうですね。どのくらいの方が見ていただいたかわからないですけど、その試合会場の開場前にスポットライトのない状態で練習するっていうのは、昔新日本プロレスで藤原喜明さんが藤原教室みたいなのを、昔僕も会場で見に行ったのかな。なんかああいう雰囲気で練習するの凄い興味があるし、僕自身がその雰囲気が好きで、ちょっと練習をさせてもらったんですけど。昔のUWFの流れを繋いでみたって感じです。」

ーー実際自分で動いてみてどうでしたか?

田村「あれはもう全然普通の練習っていうか、普段やってるスパーリングなので。特にないですね。ちょっと会場入りした状態のリングだったので。むしろ僕っていうより、今日は壮馬でしたけど、壮馬がどういうふうに感じたのかっていうのを。まぁ彼にスパーリング終わって僕が疑問を投げかけて、宿題を出したんですけど。そういうところも含めていろいろ勉強なり、課題なり与えていきたいなって思ってます。」

ーー新入団選手として松井選手が発表されたが

田村「松井はどうですかね。うーん…そうですね。Uインター時代から厳しい新弟子生活を送っていた方の部類だったので、何かしらのサポートにはなってくると思うんですけど、実際どの距離感で仕事をしてもらえるかわからなくて。まぁ一緒には練習すると思いますね」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事