【GLEAT】伊藤貴則がUの洗礼を浴びる!最後は船木のラッシュに力尽く<10.15後楽園>

リデットエンターテインメントは15日、プロレス団体「GLEAT(グレイト)」のプレ旗揚げ戦を東京・後楽園ホール大会で行った。

GLEAT所属選手としてこの日の第2試合に出場した伊藤貴則は大久保一樹とタッグを組み、Uの先輩である船木誠勝&田中稔と対戦した。

セコンドには田村潔司が付き、伊藤と大久保は闘志むき出しで戦うも船木&田中の持つ技術とキャリアに敗戦を喫した。

しかし試合後のコメントで田中は「楽しかったですね。伊藤選手、ブランク半年あったりしてるけど、絶対いい選手になりそうな選手」、そして船木も同様に「これから探って探って自分の形を作っていけば。彼は25歳?それでUWFスタイルを継承するっていうのはすごくうれしいですね。田村がそうやってきたんだなって。長州さんがいるところにUスタイルを持ってきたというのが。それで押し通しちゃう。それで若手にUスタイルをやらせちゃう。それは田村にしかできない。俺だったらやめるよ」と発言。

伊藤も試合後に「まだまだ3ケ月、自分は始まったばかりなので。これからどんどんどんどん練習して、あの偉大な2人も超えて。このスタイルは、いまの若手では伊藤だっていうことを証明したいと思います」とコメント。

<連続写真でご覧下さい>

▼第2試合 UWFルール~ダブルバウト 30分1本勝負 
○船木誠勝&田中稔
(10分33秒、スリーパーホールド)
伊藤貴則●&大久保一樹

<連続写真でご覧下さい>

 

➡次ページ<試合後バックステージコメント>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2