【DDT】11.3 DDT TV SHOWで秋山準と竹下が8人タッグで激突!秋山「キャリアとか関係ない」竹下「エクスプロイダーがかなり効いた」

 11月3日の大田区大会で一騎打ちを行う、秋山準と竹下幸之介が前哨戦で激しくやり合った。

 DDTプロレスが17日、「DDT TV SHOW! #10」(DDT TV SHOWスタジオ)を無観客で開催し、そのもようが動画配信サービス「WRESTLE UNIVERSE」で放送された。

 同大会のセミファイナルで、「準烈」の秋山、大石真翔、渡瀬瑞基、岡谷英樹組が、竹下、彰人、勝俣瞬馬の「オールアウト」に、“バカサバイバー”青木真也を加えたチームがイリミネーション8人タッグマッチで激突。

 開始間もなく、秋山がバックドロップ、ヒザ蹴り、エクスプロイダー、ジャンピング・ニーで竹下に怒涛の攻め。竹下もヒザ蹴り、ラリアットで反撃。

秋山が2発目のエクスプロイダーを繰り出すと、竹下はヒザ蹴り。秋山はラリアットを見舞い、エプロンからブレーンバスターで竹下を投げようとするも、踏ん張った竹下が秋山を蹴飛ばして場外に転落。

オーバー・ザ・トップロープで、秋山がいの一番で失格となった。続けて、岡谷が竹下を場外に転落させ、竹下も失格した。

 その後、岡谷、渡瀬、「オールアウト」軍の青木が失格となり、「準烈」は1VS2で不利な展開となった。

しかし、彰人を顔面へのつば吐きで場外に落とした大石が、勝俣を秘技フジヤマ・ニーロックでギブアップを奪い、逆転勝利。

 秋山は「あと11月3日まで、何戦もないんで、思いっきり行こうぜって。(竹下と)遺恨とかないし。キャリアとか関係ない。お客さんにいいものを見せて帰ってもらう。画面越しでもすべての人に。俺が勝てればいいけど」とコメント。

 対する竹下は「青木さんがいながら負けたな。油断してた。じっくりいこうと思ってたけど、もうエクスプロイダーがかなり効いたんで、落とすことしか考えてなかった。チームの勝ちに貢献できなかった」と話した。

 25日の後楽園大会では、秋山、大石組VS竹下、彰人組の一戦が組まれており、これが最後の前哨戦となる。秋山と竹下の世代闘争は、いよいよ最終局面を迎える。

DDT TV SHOW!#10
【日時】2020年10月17日
【会場】DDT TV SHOWスタジオ

▼オープニングマッチ 3WAYマッチ 30分一本勝負
○高尾蒼馬 vs アントーニオ本多● vs 男色ディーノ
8分50秒 ラ・マヒストラル

▼第二試合 Eruption vs DISASTER BOX! 30分一本勝負
●坂口征夫&赤井沙希 vs 吉村直巳&平田一喜○
7分24秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め

▼第三試合 30分一本勝負
クリス・ブルックス&●翔太 vs HARASHIMA&上野勇希○
10分17秒 片エビ固め
※プレイングマンティスボム

▼セミファイナル イリミネーション8人タッグマッチ 時間無制限勝負
秋山準&大石真翔&渡瀬瑞基&岡谷英樹(4-3)竹下幸之介&彰人&勝俣瞬馬&青木真也
※1人残りで準烈が勝利。
【試合経過】
①●秋山 vs 竹下○
7分10秒 オーバー・ザ・トップロープ
②○岡谷 vs 竹下●
7分16秒 オーバー・ザ・トップロープ
③●岡谷 vs 勝俣○
11分17秒 エビ固め
※バズソーキック
④▲渡瀬 vs 青木▲
13分42秒 両者オーバー・ザ・トップロープ
⑤○大石 vs 彰人●
16分38秒 オーバー・ザ・トップロープ
⑥○大石 vs 勝俣●
18分17秒 フジヤマ・ニーロック

▼メインイベント Road to Ultimate Party 2020!スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
遠藤哲哉&●マッド・ポーリー vs 佐々木大輔○&大和ヒロシ
19分56秒 クロス・フェースロック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事