【新日本】G1で勝利のEVILが内藤に2冠戦を猛烈アピール!10.18 G1 CLIMAX 30 優勝決定戦 in 両国

18日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 優勝決定戦を両国国技館で開催。第5試合でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)とBULLETCLUBがタッグで対戦した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年10月18日(日) 13:00開場 15:00開始
会場:東京・両国国技館
観衆:2,928人
 
試合の序盤はNO LIMITの2人が向かい合う展開に。
 
場外に出るやすかさずストンピングを落とすディック東郷
裕二郎は得意の噛みつきで内藤の動きをけん制
 
 
 
▼第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
BUSHI&内藤哲也(LIJ)
vs
高橋裕二郎&EVIL(BULLETCLUB)
14分14秒 Scorpion Deathlock 
 
試合後、向き合う両者。2冠王内藤哲也としてはG1公式戦で敗れたEVILには借りを返さねばならない状況
 
背後からディック東郷がスポイラーズチョークで内藤の首を絞めつける
 
すかさずEVILを敢行する闇の帝王
内藤を踏みつけて2冠ベルトは俺のモノとアピールして見せた
 
 
<バックステージ>

東郷「オイ、内藤! 今月でレンタル期間、終わりだよ。そろそろEVILの腰にベルト返してもらおうか」

EVIL「オイ、リング上、見たまんまだよ。内藤、受けるか受けないかは、お前自身に委ねてやるよ。よし、行くぞ……(と言って東郷の肩を抱きながら控室へ)」

※裕二郎はノーコメント

内藤「(※フラフラとインタビュースペースにたどり着くと床に片膝をついて)EVILは、(※床に置かれたベルトに目をやり)この2本のベルト、もしくはどちらかのベルトに挑戦したいってことで、いいのかな。まぁ、口に出すことは自由だし、口に出さなきゃ、誰にも伝わらないんで、いいんじゃないですか。この『G1 CLIMAX』、俺に土をつけた選手に、俺とのタイトルマッチを主張する権利は、十分にあると思うんでね。いいと思いますよ。あとは、新日本次第なんじゃないの? 今夜、EVILには、菅林会長に電話して、お願いすることをオススメしますよ。もちろん、ダークネスな時間にね」

※BUSHIはノーコメント。

(写真提供:新日本プロレス)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事