【WWE】“巨獣”ストローマンと“リミットレス”リーがローブローの応酬

日本時間10月20日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたロウが配信された。

◆“巨獣”ストローマンと“リミットレス”リーがローブローの応酬

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved

スーパーヘビー級の“巨獣”ブラウン・ストローマンと“リミットレス”キース・リーがロウで再び激突した。

前回、不完全燃焼なカウントアウト裁定で試合が終わったストローマンは試合前からリーを挑発するとスプラッシュからクローズラインを放って先制。

さらに場外ではストローマンがランニング・ショルダータックルでリーを吹き飛ばすも負傷していた脇腹を痛めると、今度はリーがスプラッシュからストローマンの脇腹を集中攻撃。

続けてリーがターンバックルに誤爆したストローマンを体当たりで吹き飛ばして止めを狙ったが、なんとストローマンは自身の頭でローブローをリーに放ってピンチを回避。

最後はストローマンがダメージを負ったリーに豪快なビックブーツを放ってスーパーヘビー級対決を制した。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved

しかし、試合後には結果に納得のいかないリーもローブロー攻撃を放ってやり返すとストローマンを罵倒して2人の遺恨が激化した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事