【WWE】サーシャがベイリーとの元盟友対決を制してスマックダウン女子王座を初戴冠

日本時間10月26日、フロリダ州オーランドのアムウェイ・センター「WWEサンダードーム」にて行なわれたPPV「ヘル・イン・ア・セル」が配信された。

◆サーシャがベイリーとの元盟友対決を制してスマックダウン女子王座を初戴冠

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

王者ベイリーと“ボス”サーシャ・バンクスがPPV「ヘル・イン・ア・セル」で元盟友対決となるスマックダウン女子王座ヘル・イン・ア・セル戦(金網戦)で激突し、サーシャが死闘を制して初戴冠となる新スマックダウン女子王者となった。

復讐に燃えるサーシャはパイプ椅子で襲い掛かるベイリーにドロップキックを放つとハリケーン・ラナからいきなりバンク・ステートメントを決めたが、ベイリーはサーシャの手に噛みついてこれを回避するとサーシャを金網に叩きつけた。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

その後もサーシャがテーブルを利用したミリオラやサンセット・フリップでベイリーを金網に叩きつければ、ベイリーも竹刀攻撃やダイビング・エルボードロップで反撃。

終盤にはサーシャが消火器をベイリーの顔面に噴射して「私の方が上よ」とフロッグスプラッシュを放つも、これをパイプ椅子で迎撃したベイリーはフラップジャックでラダーに叩きつけてサーシャをスプレーでペイントしたが、今後は逆にサーシャがミリオラからのベリー・トゥ・ベリーをベイリーに叩き込んで白熱の攻防を展開。

負けられないベイリーもランニング・ニーから必殺のベイリー・トゥ・ベリーを決めたが決定打とならず、最後はサーシャがパイプ椅子を使ったバンク・ステートメントで締め上げてベイリーにタップ勝ち。

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

ベイリーは死闘となった元盟友対決に敗れて380日続いた王座から陥落し、サーシャが初戴冠となる新スマックダウン女子王者となった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事