【アイスリボン】世羅りさが夫婦の絆でFantastICE王座V5も「ベルトは防衛できたけど、オルカのオルカは防衛できませんでした」

 
アイスリボンは31日、東京・後楽園ホールにて『Oktober Iceribbon Fest2020』を開催した。
 
この日の第5試合で注目のFantastICE選手権試合が行われ、世羅りさ with オルカ宇藤vs雪妃魔矢 with 尾崎魔弓のOZアカデミーで活躍する正危軍が対戦。
 
 
10.18大阪大会で王座防衛に成功した世羅りさに対して、雪妃魔矢が挑戦を表明して決定したカードだ。
 
そしてこの日の試合は「TLCマッチ」、T(助けてくれる人)L(レザー)C(チェア)の利用が認められるルールで行われ、助けてくれる人として世羅は夫であるオルカ宇藤、魔矢は尾崎魔弓が登場。
 
 
世羅はレザーのハリセンとチェア、魔矢はレザーの高級ブランドバックとチェアを持参。
 
 
試合は、持ち込んだアイテムや助けてくれる人をふんだんに活用し、リング内外で両軍が暴れまわる展開、宇藤が世羅の自爆も含めて急所攻撃を3回をくらう場面もあった。
 

奇襲をかける尾崎と魔矢。

レザーのムチで締め上げる。

チェアを足に落とすエグい攻撃を見せる正危軍。

チェーンを使った反則攻撃には石黒レフェリーがドロップキックでカット。

カバンで世羅を殴打する尾崎。

夫婦で反撃を見せる。

オルカのオルカが尾崎に蹴り上げられる。

オルカとまとめて尾崎にハリセンを見舞う世羅。

最後はレザーハリセンで魔矢を撃ち抜くと、椅子の上への羅紗鋏(変形シュバイン)を決めて3カウントを奪った。

 勝利後に世羅はマイクと取ると「ありがとうございました、正危軍の皆さん。さすが正危軍、夫婦の絆をもってしてもベルトは防衛できたけど、オルカのオルカは防衛できませんでした。ありがとうございました。またやりましょう」とコメントしてバックステージへと戻っていった。

アイスリボン後楽園大会「Oktober Iceribbon Fest2020」
日時:2020年10月31日(土) 11時30分開始
会場:後楽園ホール
観衆:528人

第5試合 FantastICE選手権試合30分1本勝負
○世羅りさ with オルカ宇藤
(18分26秒 片エビ固め)
×雪妃魔矢 with 尾崎魔弓(OZアカデミー)
※椅子の上への羅紗鋏
※初代王者5度目の防衛に成功
 
 
バックステージに股間をおさえるオルカと戻ってきた世羅は「無事ベルトを防衛できましたよ、良かった!でもベルトは防衛できても、オルカのオルカは防衛できませんでした。なんてことだ」とコメント。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事