【新日本】内藤哲也が飯伏幸太、ジェイ・ホワイトとの東京ドーム2日連続での二冠戦を要求!

 新日本プロレスは8日、オンライン会見を新日本プロレスワールドにて配信した。

 会見には11月7日大阪大会で飯伏幸太から東京ドーム・IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルダブル王座挑戦権利証を獲得したジェイ・ホワイト、同大会でIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル王座をEVILから防衛した内藤哲也が出席。

 ジェイは「いまここで起こっていることは現実だ。とくにここで伝えておきたいことはこの権利証、ブリーフケースが公式に俺のものになった。」と語ると、「1月4日はオフ、1月5日に内藤が持つIWGPヘビー&IWGPインターコンチネンタルのベルトに挑戦させてもらう。」

 さらには、権利証を引き裂き、ブリーフケースを投げ捨てると、新しく英語での権利証と1月4日をオフ、二つのベルトに挑戦するのは1月5日であることの明記、さらにはブリーフケースも自分用の新しいものを用意することを要求したのだ。

 また、飯伏からロープに足をかけての疑惑の勝利には「ルールに関してはレフェリーがカウントをして終わった試合なのだから、何か文句があるならレフェリーに言うべきだ」と主張した。

ジェイが退席した後に内藤哲也が登場。

 内藤「何年か前からこの新日本プロレスには権利証システムが存在するわけで、権利証システムがある以上は権利証保持者の意見は優先されるべきだと俺は思います。来年も新日本プロレスは1月4日、1月5日東京ドーム2連戦を開催するわけで、権利証保持者の挑戦が4日であろうと5日であろうとたいして変わらないでしょう。なので、権利証保持者のジェイ・ホワイトの希望通り、彼の挑戦は5日に決定でいいんじゃないでしょうか」とジェイの要求を受諾。

 そして「俺は2日間とも試合がしたい、いまの俺はいましか見せることができないんで」と1月4日東京ドームでのタイトルマッチに飯伏を指名した。

 これに関しては「新日本プロレスには慎重に判断していただきたい。もし、この俺の希望が通ってしまったら、『権利証システムっていったい何だったの?』、『来年以降、こんなんじゃ権利証なんていらないじゃん』っていう話になってきてしまうからね。だからこそ、新日本プロレスには慎重に、そして早急に結論を出していただきたいなと思いますよ。」と発言した。

 続けて「たまには俺の意見を聞いてくれてもいいでしょ? こんな毎回毎回、俺の意見を無視されるようだとさ、もしかしたら俺、1月4日、1月5日の東京ドーム大会、ボイコットしちゃうかもよ。」と団体へ投げかけた。

 本来であれば、この会見では「WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム」第1弾対戦カードが発表される予定であったが、菅林会長は「昨日の試合結果を受け、慎重に協議し、改めて発表させて頂きます。」と状況を説明した。

果たして、それぞれの要求が受け入れられるのか?団体からの発表が待たれるばかりである。

 

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事