【新日本】<11.16小松大会>試合結果▼第1試合 15分1本勝負 〇辻 陽太 vs ×ゲイブリエル・キッド

新日本プロレスは16日、石川・小松市末広体育館(義経アリーナ)で『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

第1試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年11月16日(月) 17:30開場 19:00開始
会場:石川・小松市末広体育館(義経アリーナ)
観衆:1,433人

<試合結果>

▼第1試合 15分1本勝負
〇辻 陽太
vs
×ゲイブリエル・キッド
7分36秒  逆エビ固め
 

▼試合後バックステージコメント

 

辻「あえて言わしてもらうよ。なあ、オーカーンよ。あんた、イギリスに行くまで、棚橋さんに面倒見てもらってたんじゃねえのか? そうだよ。俺だってオーカーン、いや、ヤングライオンの岡さんから棚橋さんの付き人の業務を引き継いで、あんたにもプロレスを教わって、レスリングを教わって、関節技、打撃も教わって、やっとデビューすることができた。それがなんだ、昨日、棚橋さんに向かって、ヒザをイスで叩くなんて。恩を仇で返すとは、まさにこのことだな。棚橋さんとな、勝負してえのなら、その前に俺が相手になってやる」

ゲイブリエル「ツジに関してはもう散々いろいろ言ってきたし、もう今は特に語ることはない。言いたいことはすべて言ったつもりだし、ここでまた同じ話をして蒸し返す気はない。それよりも今後の試合について語りたい。ニュージャパンに(第三世代の)先輩たちと闘わせてほしいと頼んだけど、今シリーズではナガタサンとタッグを組んで、ホンマサン、コジマサンを相手にする機会が与えられた。ナガタサンのような素晴らしいレジェンドのレスラーと組んで闘えるんだ。俺にとってもツジにとっても、大きな挑戦になるだろう。冒頭でも言った通り、今日はツジの話をするつもりはない。次の対戦では、今日みたいな結果で終わるわけにはいかない。リングで思いっきりすべてをぶつけてやる。ホンマサン、あなたのタッグパートナーはどこに行ってしまったんだ? こそこそ隠れているのか? それともまだ映画の撮影中か? まさかスイーツを食べてるんじゃないだろうな? どちらにせよ、あの人の代わりにホンマサンを叩きのめしてやる。それからコジマサン、あなたには言いたいことがあるけど……それはリングで向かい合う時まで取っておく」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事