【新日本】<11.18後楽園>“マッスルチワワ”の逆襲!石森が田口から勝利『BEST OF THE SUPER Jr.27』

新日本プロレスは18日、東京・後楽園ホールにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

第5試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年11月18日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第5試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
×田口 隆祐(1勝1敗=2点)
vs
〇石森 太二(1勝1敗=2点)
11分33秒  エビ固め

■試合後バックステージコメント■

石森「とりあえず、1勝目。田口はよ、本当怖えーよ、うーん。何考えているのか読めなさすぎて、ホンットに。ったく、あいつのコメントとかさ、見てるとさ、意味わかんなくね? なあ。何回も、何回も聞いてもさ、話の9割……なーんの意味もねーんだよ、ホントに。まあそんなさ、田口を応援しているファンも相当変態だよな(笑)。まあ、とりあえず“マッスルチワワ”の逆襲、1勝目、初日。痛った(※左足を気にしながら控室へ)」


田口
「ああー、さっきの上がってると思うんだけどなー。いやーでも。でさー、ケツ! 出てるなーって思ったんで。出されたなって思ったんでね、これはもう反則、勝ちかなって思ってちょっと油断しちゃった。ケツ出したら。向こうが、ね。反則勝ちかと思ったんですけど、そっか、出ちゃったらから、出ちゃったからこっちの反則負けですね。いやあ、わかりました、ハイ。いや、ハイ。次は、次はね。出ちゃったらダメだ。ちょっと出るのも。いやあ、18年ちょっとルールを勘違いしていました。それかな、敗因はそれだね。敗因はそれだから。チャンピオンはギリ。それと、プロレスはできたと思います。やればベルトも、シングルのベルトも遠くはないはず。ハイ、感触ありましたんで、ハイ。収穫のある試合でした、ハイ。ありがとうございました。大丈夫、次に繋がる試合、ハイ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事