【新日本】<11.18後楽園>ワトが難敵ロビーを突破し開幕2連勝!ワト「特別な思いがあるんで、その思いと一緒に闘いながら優勝を目指していきたいと思います」

新日本プロレスは18日、東京・後楽園ホールにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。
第3試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年11月18日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第3試合 30分1本勝負
『BEST OF SUPER Jr. 27』公式戦
〇マスター・ワト (2勝0敗=4点)
vs
×ロビー・イーグルス(1勝1敗=2点)
12分37秒  RPP→片エビ固め

▼試合後バックステージコメント

ワト「いや面白かった。まず2勝、まず2勝、ロビー・イーグルス、本当に楽しい試合でした。またね、やりたいなって思ったんで、やりたいと思います」

天山「オッケ~ワト! 2勝目やな! ロビー・イーグルス強かったな!」

ワト「強いですね」

天山「おう。バチバチやったよ、しっかり」

ワト「ハイ」

天山「向こうもしっかり」

ワト「今日は俺の方が強かったんで」

天山「そうやな」

ワト「多分、後楽園のみんな、超満員のみんな、(強さを)証明できたかなっと思うんで。まあこれから、次も俺が勝ってこの『BEST OF THE SUPER Jr.』、特別な思いがあるんで、その思いと一緒に闘いながら優勝を目指していきたいと思います」

天山「よっしゃ! 優勝や! オッケー! 頑張れよー!」

ワト「ありがとうございました(※と言って先に控室へ)」

天山「いけるいける! このままの勢いで。初戦、そして今日、ロビー・イーグルスめっちゃ強いな。俺もあんまり見たことなかったけれども、やっぱワトがね、バチバチ。向こうもバチバチ来るからね、やり返して。ああいう熱い試合だったね、うん。最後のフィニッシュも良かったけど、“TTD”決めてくれたしね。これはもう大きな武器にしてくれてるし。見ててガッチリ応援して勝ってくれるってホンマ嬉しいね。このまま行こう、優勝や! まだまだあるけども、まだこっからむっちゃ長いかもしれんけど、ワトが、しっかりとマスター・ワトが。ガッチリ、頂点立つの。この『BEST OF THE SUPER Jr.』楽しみですよ。オッケー。オシッ!」 
 

ロビー「クソ、予想外の結果だ。俺はマスター・ワトを見くびっていたんだろうな。誰もが予想だにしなかった結果だ。開幕戦でヤングライオンを倒したところまでは思ってた通りだったが、自分が負けるとは本当に驚いてる。対策が不十分だったのかもしれない。ワトのキックは強烈だった。強かった。テンザンのTTDまで使うようになったのか。俺はファン時代にテンザンがあの技を使う瞬間を何度も見てきた。特に『G1(CLIMAX)』決勝戦(2004年)のテンザンvsタナハシは鮮明に覚えてる。俺としたことがうっかりしていた。どのタイミングであの技を仕掛けてくるかもまったく予想できなかった。ダメージがキツい。悔しいよ。でも、俺は諦めず前を向いてく。それから今年の『SUPER Jr.』は、ファンタズモがいないからせいせいしてる」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事