【新日本】<11.19後楽園>棚橋組が3連敗!ジュース&フィンレーが好連携で2勝目をあげる

新日本プロレスは19日、東京・後楽園ホール にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

第3試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月19日(木)18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:662人

▼第3試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2020』公式戦
×トーア・ヘナーレ & 棚橋 弘至(0勝3敗=0点)
vs
〇デビッド・フィンレー &  ジュース・ロビンソン(2勝1敗=4点)
11分18秒  ドゥームズデイ・デバイス→体固め

▼試合後バックステージコメント

   

フィンレー「新日本最強のタッグチームにまた2点追加だ! ヘナーレとタナハシもクソ強いけど、俺たち程ではないってことだ。これで合計4点。一敗はしてるけど、今は絶好調だ。波に乗ってる。ゴールの舞台は決勝戦。俺たちの決勝進出は間違いない。俺たちを超えられるチームはいないだろ」

ジュース「言いたいことはフィンレーが全部言ってくれた」

フィンレー「ハッピー・ビールか?」

ジュース「だな!」

棚橋「結果は出てないけど、去年組んだ時よりも絶対コンビネーション良くなってる。(ヘナーレに向かって英語で)去年よりチームとして良くなってると思うだろ?」

ヘナーレ「試合数を重ねてチームとして成長できている」

棚橋「俺が悪い。ヘナーレはいい。ヘナーレはいい。俺が悪い。(英語で)ヘナーレ、次は俺がしっかりサポートするから」

ヘナーレ「ありがとうございます。ファンの応援がある限り、俺はいつも全力を捧げる。闘い続けるぞ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事