【新日本】<11.20後楽園>高橋ヒロムがBUSHIとのロスインゴ対決に勝利!ヒロム「あなたがパートナーで本当によかった」BUSHI「お前、最高だよ」

 新日本プロレスは20日、東京・後楽園ホールにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

メインイベントにて注目のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン対決となる高橋ヒロムとBUSHIが激戦を繰り広げ、BUSHIが感情をむき出すファイトを見せるも、最後はデスバレーボムからのTIME BOMBでカウント3を奪い2勝目を上げた。

試合後にヒロムは「「BUSHIさん、あなたが同じチームで、あなたがパ ートナーで本当によかったです。心から感謝します。」と声をかけると、詰めかけたファンに向けて 「『BEST OF THE SUPER Jr.27』、優勝す るのはこの俺、高橋ヒロムだー!」と優勝宣言をした。

次戦は23日の高崎大会にてBUSHIはロビー・イーグルス、ヒロムはDOUKIと対戦する。

WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27
日時:2020年11月20日(金) 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

第6試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
〇高橋 ヒロム(2勝1敗=4点)
vs
×BUSHI(1勝2敗=2点)
23分42秒 TIME BOMB→体固め

バックステージコメント

ヒロム「イテテテ、ガッツリ、ダメージが残ってんな。きついな、きついな。でも、これがジュニアの戦いであり、『BEST OF THE SUPER Jr.』だ。効いた。さて、お次はDOUKI(と言って、攻略本をめくってDOUKIのページを見せる)。まあ、俺が話すことあるっちゅうか、いちいち話したらきりねえ。彼が話してくれるんじゃないですか? もう試合終わって、話終わってるかもしれないけどね。いやあ、効いたな。きつい試合でしたよ。そして、その次に“技の高島屋”。おおっと、これは大変だ。いや、楽しみだよ、俺はDOUKIとやるのが。ちょっとちょっとちょっと、ダメージがあるよ? ダメージがあるよ? ダメージがあるけど、話は聞くよ。(寝転がりながら)なんか質問ある人います? 今日はちゃんと受けるから。ほら、大チャンス!」

──BUSHI選手とシングルは今までなかったと思いますけど、やってみて率直にいかがでした?

ヒロム「なんか、なんとなく見透かされてるよね。(攻略本をめくってBUSHIのページを見せながら)ほら、これにも書いてあったじゃん。ママ。この一言が全てじゃないかな。なんでも知ってるよ。俺のこと、お見通しだよ。でも、改めてやっぱりあの人がパートナーで良かったなって思ったよ。俺の心からの言葉だよ。リング上で言ったことが全て。さて、他に?」

──次のDOUKI選手なんですけど。

ヒロム「はいはいはい」

──『メキシコに来た時からずっと待っていた。今回の自分のメインイベントだ』ということをおっしゃっていました。

ヒロム「(質問をシカトして)グゥーグゥー……。(寝たふりから急に起きて)……はい? 帰ります……(と言って、そそくさと控室へ)」

BUSHI「ああ、負けた。完全に負けた。ヒロム! ヒロム! 負けたよ。でもな、お前、最高だよ」

 

〈写真提供:新日本プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事