【新日本】<11.20後楽園>デスペが粘る上村から2勝目をあげる!デスペ「ヤングライオンに毛の生えた程度つうところか。いい刺激になったよ。思ってた以上に楽しかった」

新日本プロレスは20日、東京・後楽園ホールにて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第2試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月20日(金) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第2試合 30分1本勝負
『BEST OF SUPER Jr. 27』公式戦
×上村 優也 (0勝3敗=0点)
vs
〇エル・デスペラード(2勝1敗=4点)
11分26秒  エル・エス・クレロ

▼試合後バックステージコメント

デスペラード「(左肘を押さえながら)痛え……。ああ、痛い痛い。いい刺激になったぜ、おい。ヒロムとよ、あんだけドロドロドロドロやった後に、次の公式戦がヤングライオン。ヤングライオンつったって、そこそこ時間経ってんだろ? 2年ぐらい? 2年半ぐらいやってんだろう。まあ、ヤングライオンに毛の生えた程度つうところか。いい刺激になったよ。思ってた以上に楽しかった。最高に楽しかった。まあ、俺が期待してなかったっていう部分もあんだけどな。その部分を差し引いたとしても、あいつは『SUPER Jr.』に出られるということがどういうことかよくわかったんだろ。わかってねえような奴が出てるようだったら容赦なく潰すけど、ありゃわかってたな。まあ、別に俺、壁役とかやるつもりねえからな。てめえの縄張りに覚悟も何もない奴が上がってくんのが楽しくないだけ。それだけだ」

上村「この試合、全然勝機は見えたはずなのに、僕の得意なグラウンドに持ち込んで、閂スープレックスホールドにつなげるための腕攻めもしたけど、悔しい。むちゃくちゃ悔しい。デスペラード選手は卑怯なことなんかしなくても、十分、チャンピオンになれる実力があるはずなのに。でも、それを含めて、エル・デスペラードだと思うので。どんなことをされようと、僕はそれを全部受け止めて、上回りたいと思います。ありがとうございました!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事