【新日本】現IWGPジュニア王者・石森がBUSHIに快勝!「マッスルチワワの大逆襲、5勝目! 勝ち越し!」<11.29後楽園>

新日本プロレスは29日、東京・後楽園ホール にて『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』を開催した。

この日は『BEST OF THE SUPER Jr.27』公式戦5試合を含む全6試合が行われた。

第5試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

『WORLD TAG LEAGUE 2020 & BEST OF THE SUPER Jr.27』
日時:2020年11月29日(日) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人

▼第5試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 27』公式戦
×BUSHI(3勝3敗=6点)
vs
〇石森 太二(5勝1敗=10点)
15分26秒  Bone Lock

 

▼試合後バックステージコメント

 

石森「(※インタビュースペースに着くと座り込んで)今日も無事、勝ったけど、BUSHI、正直、BUSHIには負ける心配はしてなかったな。だってアイツ、『絶対、この《SUPER Jr》優勝してやる!』とか、(※肩にかけていたIWGPジュニアのベルトを叩きながら)俺からこのベルトを獲るとか、そういう意地とか執念が、全然感じねぇもん。どうしたんだよ、BUSHI。あぁ!?

オマエは金持ちでも、このベルトは、金ではかえねぇぞ? (※笑いながら)ヒロム戦で燃え尽きたか? ていうかさぁ、ただのヒロムの、相方になってんじゃねぇのか? なぁ、オマエもさぁ、Rebornして、このベルト、狙いに来いよ! ハハハ! と、いうことで、(※と言いながら立ち上がり)マッスルチワワの大逆襲、5勝目! 勝ち越し!」

BUSHI「(※左ヒジを押さえながら)ああ……アー、クソッ! 今日の負けは、大きいぞ。もうちょっとだったんだ。今日の1敗は、メチャクチャ大きい。アー、クソッ! アーーーッ!(※と叫びながら、フラつきつつ控室へ)」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事